2005/03/08

ニートって…

養老孟司、池田清彦、吉岡忍の三人で、ニートについて語っている記事がAERA3/14号に載っていました。
「現代の若者に起こっている現象は二代目現象なんじゃないか」という言葉に大いに頷きました。

そう!私もずっとそれを思っていたんですよ!!

私たちの上の世代は、やらなければいけないことが山積みだったのですよ!
それが今は、傍観していても何とかなってしまうような感じなのです。

そして、働かずにして食うことが出来る、という今の状態は、彼らが欲して出来上がった社会だと思うのですよ。

でも、今は働かない奴は愚鈍でダメなやつだと思われる。
今までの人たちは、働いて今の社会を作ってきた。
だからお前たちもそうしろ、と。

働かないことは悪、となった社会。
でも、その働く場所がない。

働くことになっても、実際の仕事は「ここでレジ打ってろ」とか単純作業。
「やりたい仕事をしろ」というけれど、現実がこれではそういう仕事すらやる気をなくしてしまう。
だから、働かない。働きたくない。

これって本末転倒じゃないですか?
働かなくても食べていける世界を目指してきたのに、いざそうなると、働かない奴はダメなやつになる。
これは一種の羨望ですよね。
自分は働いているのに、働かないで何とかやって行ってる人がなんかむかつくんですよね。

まさにナチュラルとコーディネイターの関係(@種)(待て)

この記事読んでて、「キノの旅」という小説の「仕事をしなくていい国」の話を思い出してしまいました。
人間のするべき仕事は全部機械がやってくれる国。
それでも人々は、機械がやってくれた完璧な仕事のチェックを仕事にしている。
その単調でつまらない仕事でストレスをため、そのストレスの度合いによって給料をもらえる、という国の話でした。

まさにこの話じゃないですか?
働く=給料をもらって食べていく、というこの公式を崩さない限り、いつまで経っても人は働かなければならない。
けれど仕事がないから、必要のない仕事、するのも無駄な仕事をしている。

人は、より良い生活の為に、新しいシステム、新しい機械を開発してきました。
でも、そのよりよい生活になった時、直面する問題については何一つ考えていなかったのです。

考えていたのはむしろ、技術者や会社経営者などではなく、漫画家とか作家だったのではないでしょうか?

「鉄腕アトム」なんかそうですよね。
手塚先生は本当に天才だと思うのですが、まだテレビが白黒だった時代から、社会が技術の進化を遂げた時に直面する問題をしっかり描いているんです。
感動しきり。

作家。
そう、作家です。
これからの時代、何かしらソフト面での職業が増えてくると思うんですよ。
養老センセたちも仰ってますがね。
みんながみんな、小説家だったり漫画家だったりテレビのプロデューサーだったりするわけですよ。
まさに情報化社会。
情報がすべて。
情報を提供する側が80%、残りの10%はより良いハードを作るためのエンジニア。
あとの10%は食物とか伝統工芸とか。
みたいなね。

堀江さんの言ってる事は、だからおかしくないと思うのですうよ。
テレビって、情報が一方的じゃないですか。
双方向ったって、リモコンじゃやることに限度があるし。
だから、そこにインターネットが関与するんですよね。
いいたいことをホストに向かってみんなが言えるようにするには、チャットとかの手段が大変有効ですよね。
だから、インターネットがテレビを飲み込むっていうのも間違いじゃないんじゃないかと。

「インターネットはライブドアがすべてじゃない」って日枝さん仰ってましたが、そういう考えを持っているのはライブドアというか堀江さんだけ、ということなんじゃないでしょうかね?
コングロマリットやりたいんですよ、堀江さんは。
その思想の現れじゃないですか??

素人が言ってもしょうがないんですけどね、はははーだ。

この記事、気に食わないのは最後に「若者は寺行けばいいんじゃないか、座禅組んでいれば人と会わなくていいし、引きこもったって文句言われないもんね」と締めくくっている養老センセ。

そういやAERAの巻頭特集は「ポジティブになれる妄想」みたいな感じで、妄想の力をつけるために座禅を組む、とかやっていた。

座禅は瞑想とは違うんだよ!!!!

と、京極夏彦信奉者である私はそう思うのであります(笑)(この見解にも多大な誤解があると思われ)

いやでもこの議論はなかなか面白かったです。
ごめんなさい養老猛司センセイ、「バカの壁」なんかつまんねーよ、とか言いふらしちゃって。
(でも全然面白くなかった…いまさら何?見たいな内容だったし。錬金術とか関係ないじゃん)
今後、あなたに対しての認識を変えたいと思います(笑)

働かない人間はダメなやつだ、という意識は私も持っているものなのですが、どうしたらいいのかという解決案は全く思い浮かびません。
今のところ思うのは、本当に人間のする仕事が瑣末なことばかりになってしまったのならば、共産主義にしても大丈夫なんじゃない?みたいなことですかね(笑)

いつものごとく極論ですが。

以上、どうでもいい話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/21

思わず悪態。

五十嵐仁の転成仁語7月20日の記事を見て。

前半は新潟視察に行った小泉さんの失言について。
確かに無神経ですね。批判もしたくなるでしょう。

問題は後半から。

自衛隊は結成されてから50年、軍隊として実戦で活動したことは一度もありません。災害救助隊としての活動経験は、有り余るほどあります。  自衛隊の活動実態は、過去50年を見る限り、軍隊としてのものではありませんでした。だからといって、どのような不都合があったというのでしょうか。  これまでの実態が軍隊ではなく災害救助隊だったのであれば、これからもそうであって一向にかまわないはずです。(中略)

 こう言うとすぐに「攻められたらどうするのか」とか、「備えあれば憂いなし」などと言い出す人がいます。「どこが攻めてくるのですか」と、こういう人には聞きたいと思います。
 日本は戦争ができるのですかとも。日本と他国との紛争を軍事的手段によって解決しなければならないような状況に陥ったとすれば、すでにその時に、日本は敗北しています。
 日本という国は、その都市型社会の構造から言って、戦争などできません。このことが理解できない人は、日本の安全保障のイロハが分かっていないと言うべきでしょう。

 日本は戦争できないし、攻める国なんかない。だから、軍隊なんかいらない。責任あるまともな政治家なら、このように言いきる覚悟を持つべきです。
 東アジアの平和と安定に日本国家の命運をゆだねるだけの勇気と覚悟のない人は政治家失格です。使うはずのないものでも、軍事力を持っていなければ安心できないという臆病な政治家ばかりとは、情けない限りではありませんか。


・・・・は?

みなさん、この方大学教授ですよ?

自衛隊の活動実態は、過去50年を見る限り、軍隊としてのものではありませんでした。だからといって、どのような不都合があったというのでしょうか。
どうして今まで大丈夫だとこれからも大丈夫と言い切れるのでしょうか。
「どこが攻めてくるのですか」と、こういう人には聞きたいと思います。
今のところはイラク、とお答えできるのではないでしょうか?
日本は戦争ができるのですかとも。
だから出来るようにするんですよ。
日本と他国との紛争を軍事的手段によって解決しなければならないような状況に陥ったとすれば、すでにその時に、日本は敗北しています。
まぁ正論ですけど。 戦争しないという言葉だけで世界に拮抗できる、という思想に敗れたとは言えるでしょうね。
日本という国は、その都市型社会の構造から言って、戦争などできません。このことが理解できない人は、日本の安全保障のイロハが分かっていないと言うべきでしょう。
もはや意味が解りません。
使うはずのないものでも、軍事力を持っていなければ安心できないという臆病な政治家ばかりとは、情けない限りではありませんか。
何度も言いますけど、言葉だけ、理想だけでは意志は貫けません。 今はアメリカに守ってもらう形になってますが、それだって、アメリカの利益(中国を牽制する)があるからこそ保たれる均衡であって、日本が完全に保護されるなんてことはありえません。 大体GHQだってそのうち日本に軍事力を持たせる計画を持ってたんですよ。(アメリカ従属にするため消えましたが) 日本が独立するには軍事力は不可欠です。

また、何度も言うようですが、今日本は危険な状況です。
いつテロにあうか知れません。
このようなことを言っている人はなんて平和ボケした人だろうと笑われてしまいますよ。

日本はもはや安全ではないのです。悲しいことですが。

日本が絶対的に戦争をしないでいい方法といったら・・・
アメリカの州として帰属するしかないんじゃないでしょうか。

そんなことになったら日本の誇りなんてあったもんじゃないですね。
まぁ冗談半分の極論ですが。

あまりの腹立たしさに思わずレポートも終わってないのに書いてしまいました。
レポートの材料探してたら見つけたサイトなんですがね。

因みに、私が賛同できるサイトさんも紹介。
若旦那の独り言2004 Ver.3: 参議院選挙に向けて

いろいろ考えました。
もうしばらくはこのことにかかわりたくないです。(笑)

それでもまた書くんだろうなぁ・・・
誰か反応ください。討論しましょう?
あ、パレマニ関係者以外でお願いします(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004/07/01

今を考えていく必要性。

最近忙しかったです・・・。
いつの間にやら100ヒット超えてたんですね。びっくりでス。

うわぁ、締め切りすぎちゃった。(踏み倒す気満々だったくせに今更何を)
いやぁ、やっぱりレポート優先て言うか。
単位落としたくないし。
サークルの仕事もあったし。
風邪がなんか肺炎ぽくなってきてるし。

・・・ネタまとまらないし。(それが一番だろうお前)

すいません言い訳です。
もう少し伸ばしてくれないかしらん。

編集長さんから何も連絡ないし、何か言ってやぶへびは嫌だし(笑)
出来てから連絡とってみようかな・・・。

ところで。
あれ?今の今まで気づかなかったけど・・・
トラックバックされてます?
しかも結構前だ・・・

・・・しかもなんかまじめなサイトさんだ・・・|||ι

スイマセン!!こんなんでスイマセン!!あああ恐れ多い!!!

見なかったことにしてください。高々青二才のたわごとなんですから。
・・・気にしてる方もいらっしゃらないかもしれませんが(笑)

今日も彼ら(ずっと言いたかったこと。参照)その名も「反戦の会」の活動は熱いですね。
無駄に。

「自衛隊の活動は微々たる物で、一日に10億使って少量の水を与えることにしかなっていません」

すいません、それどこから仕入れた情報ですか。
私自衛隊はよく働いてると思うんですけど。

「自衛隊はイラクの人を殺さないでください」

殺してませんよ。

「アメリカはイラクに統治を任せるとしながらも、アメリカに都合のいいカイライ政権を作ろうとしています」

あの、それって批判されるべきことなんでしょうか。

フセイン政権を倒したのって、アメリカに、ひいては世界に都合のいい「民主主義国家」を作る為、という大義名分も含みつつの戦争だったんじゃないんですか?

アメリカにとっての「グローバル社会」って、全ての世界をアメリカの色に染めることを意味してるんですよ?
真の平和な世界はアメリカの下に在り、と思って戦争したんですよ?

というか、日本の「非戦」の日本国憲法だって、日本を傀儡政権にしたGHQの下で作られたんですよ?
その憲法をありがたがっているあなた方がなぜアメリカの庇護の下の傀儡政権の存在を危惧するのか私には解りません。


極論を言えば、本当に世界中の国が平和になる方法は、全ての国が武器を放棄するか、

全ての国がそれぞれ武器を持って牽制し合うかしかないと思います。

(こっちのほうがより現実的ですね)

誰がその戦力となるか。それが問題ですけど、今のところ、自衛隊が手っ取り早く軍隊になれますよね。
(まあ実質軍なんですが)
いずれ徴兵制を作って、国民の義務にするしかないんじゃないでしょうか。

あの、これは別に戦争を積極的にしようということではなくて、実際に戦争になったときにいずれ必要になる制度だと思うんですよ。

アメリカは日本を最後までは守ってくれませんよ。
平和を願うなら、その願いだけではダメなのです。
その願いを、意思を貫くための力が必要なのです。

(Gの種みたいなこと言ってる(笑)・・・でもこの考え方は間違ってないと思う)

だから、政府は国民に、なぜその制度が必要なのか、なぜそれを行うのか、解ろうとしない人たちも納得させる説明をする努力が必要なのです。
国民のほうも、現実問題を考えて、国の言うことに耳を傾けることが必要だと思うんです。
持ってる情報量は大体同じなのに、どうしてその考え方を歪曲するんでしょうか。
そんなに政府が嫌いですか?

民主主義とは、国民の意見を何が何でも通すことでも、
国家の利益を考える事を盾にして世論を無視して政策を断行することでもなくて、
政府と国民で一致した結論を出す。
それこそが民主主義の理念なのではないでしょうか。

それに、日本だってテロや戦争に巻き込まれる可能性は大なんです。
海の向こうの出来事、と、傍観していられなくなる可能性だって大いにあるんですよ。
そのときもアメリカに頼るんですか。
助けてくれると思っているんですか。

十中八九途中で捨てられますよ。
自国のことなのに他人任せで、守ってやりたいと思うわけないじゃないですか。
個人レベルで考えてみてくださいよ。

自分のものが壊されたのに腹を立てながらも、自分で相手に何か言ってやるでもなく。
仕返しを考えてガキ大将の友達をはなから当てにしてるのと同じですよ。

ガキ大将の立場になって考えてみてください。
むかつきませんか。

自分の力で何とかしようと思えば出来るのに何もしない。
私だったらそんなやつ切ります

ところで、「傀儡」、常用外だからカタカナなんですか?(どうでもいいだろ)


そんな感じでまた長々と書いてしまいました。
今回はなんだか反感が来そうで怖いです。楽しみでもありますが。

反戦の会にいちゃもんつけるのが最近の日課となってきております☆(やな奴だ)

読む人いるのかなぁ・・・

でもまたすっきりしました。こういう青い感じの討論大好きです(笑)
しゃべり場とか殴りこみに行きたくなりますもん!(待て)

文章変なのとかは自分でわかってます。
あえて突っ込まない方向でお願いします(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/06/22

ずっと言いたかったこと。

なんか身体がだるいなあ、と思って熱を測ってみると、37.7℃
平熱36.5℃の私。
基礎体温ってこんなに変わるものだっけ?

風 邪 で す よ。

わかってます、濡れた髪のままパソコに向かって安い振袖とか探してる私が悪いんですよ。

それでもその状態で学校の用事に向かった私を自分で褒めてあげたいです。(自画自賛)


台風の所為で強風が吹いていましたが、家の近くはだいぶ静まったみたいです。


で、本日の議題(議題?)、ずっと言いたかったことです。
すごくまじめな話になってしまうのですが、たいしたことは書かないので読み流してもらっても結構です。

うちの学校では、学生運動みたいなことをやっている人たちが居ます。
どこにでも居るものなのか、それは判りかねますが、とにかく彼らがひどくまじめに、しかも熱を入れて活動しているのはわかります。

彼らがそこまで熱を入れていること。それは、イラク派兵について。

昼休みになると、中庭でマイクを持ち出して長々と演説を始めます。

「イラクでは子供たちまで被害にあっています」
「善良な日本人も次々と殺されていきます」
「これは侵略戦争です」
「連合軍参加なんて言語道断」
「妥当小泉政権」

等々、延々とおなじことをしゃべくり続けます。

しかし、彼らの言葉に耳を傾けるのはほんの数人しか居ません。
イラク派兵をやめさせるための署名を集めたりしていますが、立ち止まって書く人など私は見たこともありません。
(それでも100人はいるらしいですが。)
その理由を考えてみました。

1,まじめに考えて、自分の意思で署名しない。
2,忙しくて立ち止まれない。
3,エキセントリックなやつらには付き合ってられない。

1は1割、2は3割、3は6.9割くらいだと見ています。
後の1厘は彼らに引っかかった善良でまじめな学生だと思います。
あくまで私見なので当てにはなりません(笑)

ただそういう偏った見方をするのは、私が彼らを好きになれないからです。

確かに自衛隊派遣はまずかったかも知れません。
アメリカのやり方も、ブッシュさんも好きにはなれません。
(アメリカは「絶対正義」にはなりえないからです。世界の警察、なんて思い上がりも甚だしい)

だけど。
それでも。

じゃあ日本はどうすればよかったのですか?

批判するだけで次への展望を何一つ語らない彼ら。

アメリカが戦争するのを止められればよかった?
それは私もそう思いますが、国連の決定も黙殺した国ですよ?
下手に戦争反対して、関係がこじれたら嫌じゃないですか。

自衛隊派兵をしなければよかった?
だけどあそこでお金だけ支援したら世界中から白い目で見られるのは日本ですよ?
日本人だけ傷つかなければ良いんですか。
傍観者であれば満足だったんですか。

日本は、今までやってきたことをしないとしたら、何をすればよかったんですか?
何がベストだったんですか?
私は日本政府に多少不満はありますが、今のところ軽々しく批判はできません。
それに変わる日本がとるべきだった行動を見つけられないからです。

彼らは批判します。
彼らはそれに変わる日本のとるべきだった道を知っているのでしょうか。
知っているなら、なぜそれを主張しないのでしょうか。

考えていないだけのような気がするのは、私の気のせいですか?


このことは、世のマスコミにもいえると思います。
ニュースステーションから変更した、報道ステーションに同じ匂いを感じます。

古館さんのニュースの紹介の仕方。
厭味ったらしいと思いませんか。
皮肉った紹介しかしません、あの方。
言い方の技巧を凝らしているだけ、この世を憂えているだけ。

・・・どうしても好きになれません。


それから、マスコミについてはもうひとつあります。
マスコミの方々は、自分たちがノイジー・マイノリティー(口やかましい少数派)だということを忘れているのではないでしょうか。

いや、忘れているに違いない。

今の世の中(なんて言うと偉そうですが)メディアが人々の思考のほとんどを奪い取ってしまっているといっても過言ではないでしょう。
サイレント・マジョリティー(声なき大多数)はサイレント・マイノリティー(声なき少数派、造語)に変わりつつあります。

その仕掛けはこうです。

*ノイジー・マイノリティーの権力が強くなってきた。(メディアの氾濫)
→善良で何も考えない市民がそれを信じ込む。(刷り込み作用)←若い世代が顕著
→サイレント・マジョリティーの減少。(メディアに飲み込まれていく)

偏見ですか?


学校の法学の講義でも、偏った見方はしないと言いながら結構偏ってるんですよね。
教授も人だから仕方ないけど・・・。

あぁ、言いたいこと言ってすっきりしたぁ!!

以上、長々と書きました、ずっと言いたかったことでした。

またこんな感じで、まじめな感じでくだらないことを書くかもしれません。

・・・自己満足なんで。
腹が立っても嗤って見逃してください。

くれぐれも石は投げないで・・・ι

| | コメント (0) | トラックバック (1)