« あー…(うつうつ) | トップページ | 血+1話 ファーストキス »

2005/10/08

書くこと。

未だに引きずっているのでけじめの為にも、『彼ら』について私が思うところを書きたいと思います。
なお、これははっきり言って批判です。
それから愚痴、陰口の類に入る話です。
これを読んで反感、反発を買うことも承知ですが、読んで気分を害されても当方は責任を負いかねます。


彼ら…ついこの間まで同人誌(オリジナル小説の)を一緒に作っていたサークルの人たちです。

あちらのサイトの管理人さんの日記に関わることなので引用はしませんが、なくした友達と言うのはとりあえず私のことではないのは確かですね(笑)
もうひとり同時に辞めた方のことのほうだと思います。
でもいろいろひっかかる部分があったり。

文章を書くことは、私にとっては楽しいことです。
なので、書きたいと思う人たち、そうやって集まってくる人たちも、書くことが楽しいんだと思います。
ままごとでもいいから本みたいなものを作ってみたい、という気持ちもわかります。
だから参加していたんですが。
(ていうかいつの間にか参加者にされていたのが現実なんですが)

でも。
そこに「お互いの批評」というものを持ち込んだ辺りからおかしくなったんじゃないかと思います。
別に批評は悪いことではありません。

真剣さが足りない、譲れないものがある。
それを言われ続けてきたのはむしろ私(たち)だったような気がします。

それが私には苦痛でした。
彼らの求める文章のあり方と、私が書きたいと思っているものは違ったんです。

描写が足りないと言われる、でも私はまだあまりその描写は出したくない。(そして書くのも苦手w)
量が足りないと言われる、でも私はそれで精一杯だった。(ていうか量的には前出してたやつと同じ)

名前覚えられないとか設定忘れるとか言われた時は、ああ、この人読む気ないんだな、と思いました。
まあ私も彼のを読む気になれなかったのでお互い様ですがww
読む気ないといえば、トリビュートのとき名前とかごちゃごちゃになっていたらしく、変な内容だったりしたんですが、その時気付いたのは、この人ちゃんと人の書いた文章読まないんじゃないかな、ということ。

私の書く文章が嫌いだというのは別にいいんです。
それはもう読者様に選ぶ権利があるので、嫌いだといわれたらそれまでなんですが。(だって好きって言ってくれる人もいるし)
でも伏線多いとか人の名前出すぎとか分量足りないとか、それって批評の対象なのかな?と思います。

伏線が多い、というのは私の好みなんですが、一般的にそれって嫌われるものなんでしょうか?
うーん、その辺も好みだと思うなあ。

私には編集長と、風月さん日雲さんなどの編集長の近くで文章書いてた人たちは大体同じ方向を向いている気がします。
彼らの望むのはどちらかと言うと写実的な文章なのではないかと。
人間の奥底のどろどろした部分、とか、そういう感じのものを書きたがっているのではないかと思います。
(書けてるかどうかはここでは言いませんが)
そして、私が目指すのはどちらかというと、読んで気持ちのいい文章と言うか、筋の通った型のある文章。
詩に似てる感じの、読みやすさ。
それから、やっぱり究極はエンターテイメントだと思います。
(こちらも書けてるかどうか微妙なところですが)
人間のどろどろした部分も書きたいですが、それは内容で消化できる感じです。
向こうそれがメインになってるんですが、私のはストーリーで重要な要素、という感じ。

私の書き方を、向こうさんは納得できないようです。
違う書き方は排除するような動きに見えました。
そういった寛容さが感じられませんでした。
別に彼らの小説を私は否定しません。好きな人もいるでしょうし。
ですが、私のような文章だってまあアリだと思うわけです。
どことなく否定されている気分と言うか、見下されている気分と言うか、とにかく気分が悪かった。

それから。
素人の作家として、何の裏打ちもない作家的なテクニックをひけらかしたような批評をするよりは、読者としての批評をしたほうがいいと思います。
あとイラついたのは、批評が本編には全くかかわりのない瑣末なことにこだわりすぎる。
それから、批評の会議があまりにもお粗末過ぎる。
議長の意味無いし、前もって資料をとった意味もない。
その辺のことを言っても聞く耳持たないくせに、あとになってから「言わなかった」と愚痴る。

一番嫌だったのは、人の言ったことを丸投げして自分の主張だけするところです。
掲示板の一件のときが顕著でしたが、これはシンさん派とでもいえる(私の中では風日お二方)人たちに多いです。
何とか対話しようと、彼の言葉を理解する努力をするのですが、自分的に噛み砕いた例を全く無視して、自分の編み出した比喩だけを使う。
文章が論理的に破綻していることも無視。
もうあの一件で私は著しく編集長に不信感を抱きました。
(ていうか私最初流そうとしてたのに…)


とまあぐずぐず書きましたが、これが私があそこを脱退した理由です。
こんなこと書いてる時点で寒いことしてるのはわかってますが、このままだとこっちがただの裏切り者で見捨てていった奴らだと思われそうな気がするので予防線も兼ねて。

これからは気にしないで書いていきます。
関わらない方が得策の気がしますし。
ままごとみたいなサークルらしきものに振り回されるのもこれで終わりです。

しばらくはもう誰かと本を出そうなんてこともしないでいたいです。
いまはサイトあるわけだし。

それにしても、未だに掲示板の一件が尾を引いています。
彼が何を言いたかったのか、すごく気になるんです。
私の頭が悪いのかと思って父とかいろんな人に聞いたんですが、返ってくる言葉は一様に
「意味わかんない」
でした(笑)

意味わかんないな・・・www

|

« あー…(うつうつ) | トップページ | 血+1話 ファーストキス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38608/6301785

この記事へのトラックバック一覧です: 書くこと。:

« あー…(うつうつ) | トップページ | 血+1話 ファーストキス »