« やってらんない。 | トップページ | 種運命42話 自由と正義と »

2005/08/06

今日という日を生きること。

広島に原爆が落とされて60年。
朝からそんな言葉がテレビから延々と聞こえていました。

戦争は怖いです。
体験したことはないけれども、うちにかなりの数ある絵本の中には、戦争の絵本も多くあります。
原爆はその象徴ともいえるべき恐怖の対象です。

戦争は絶対に繰り返してはいけない。
原爆はこれ以上兵器として使われてはいけない。

それでも、原爆は戦勝国にとってはパワーバランスで自分の国が優位に立つための絶対的に強いカードでもあります。
そして、アメリカではやっぱり原爆が戦争を早く終わらせるために有効な手段だったと考える人が少なくないようです。

人は争いをやめることは出来ないでしょう。
人が人を恨むこと、妬むこと、憎むこと、それから、自分が優位に立ちたい、といった願望が消えない限り。
そして、暴力で他を打ち倒すことが出来るのは、やはり事実なので。

私は太平洋戦争を、馬鹿な戦いで、あの頃の日本が誤っていたとは思いません。
あの時はああするしか道がなくて、トップの人々も、国を考えて始めたことだったと思うからです。
しかし、戦争を賛美するわけではありません。
出来ることなら、誰も暴力で死ぬことがないようにと、いつでも願っています。

太平洋戦争を知る人々は、年を追うごとに否応なく減っていきます。
私に出来ることは、戦争が恐ろしいもので、繰り返してはいけないことだと憶えていること。
そして、それを伝承していくことしかないと思います。

広島の原爆で亡くなられた方に黙祷。

以上、突発ナショナリズムが再発したみのりでした。

|

« やってらんない。 | トップページ | 種運命42話 自由と正義と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38608/5337014

この記事へのトラックバック一覧です: 今日という日を生きること。:

« やってらんない。 | トップページ | 種運命42話 自由と正義と »