« 同窓会。 | トップページ | 種運命23話 戦火の陰 »

2005/03/26

お家騒動。

お家騒動…
それは一般的に、遺産相続などに使われる言葉でしょうが、ちょっと違った意味でうちでもお家騒動があるみたいです。

突然ですが。
うちの父は次男です。
法律的にはなんら決まりはないですが、なんとなく祖母の家は長男である私の伯父さんが次ぐことになっています。

何年か前に、その伯父一家が二世帯住宅にするために、祖母の家を改築しました。
しかし、少し離れたところに転勤になったため、家には祖母と祖父が残りました。
祖父が三年ほど前に他界して、いまそのうちに住んでいるのは祖母のみです。

伯父の奥さん(おばさん)が、何日かに一回は食事の用意や買い物などをしに行ってたみたいなのですが、この春更に遠いところに引っ越してしまうため、この近くに来るのは容易なことではなくなります。

「この近く」と表記しましたが、そう、私の住んでいる家は、祖母の家にとても近いところにあります。
徒歩10分、といったところでしょうか。

なので、私は幼稚園に通うときは祖母の家から通っていたし(共働きのため)、中学、高校時代の週末には一緒に買い物に出かけて行ったりしていました。

しかし、一時期伯父一家がこの家に住むようになった時、それが途絶えました。

おばさんに「来ないでください」と母が釘を刺されていたことを、最近になって知りました。

今では、二世帯住宅の為に建て直した家は、祖母一人きりが住んでいて、異様に広いです。
私は、祖母が酷く心配でたまりません。

おばさんは、伯父さん一家の居住スペースに私たちが入ることを極端に厭がるらしいです。
それは、空き家同然になっている今でも。
祖母の家に行くことに対しても、あまりいい感情を持っていないらしいのです。

しかし、彼らはこの家にはほとんど来なくなります。
祖母の世話は誰がするのでしょう?

私たちは「来るな」といわれています。
けれど、あの人たちは世話をしに来れないのです。

なので、私は祖母の家に引っ越そうかと思っています。
私が一緒に住めば、車という機動力もあるし、食事の準備も手伝えます。
万が一倒れた時に救急車を呼ぶことも出来ますし、何より寂しい思いをさせなくて済みます。

私が祖母と一緒に住むことによって、このごたごたに何か決着がつくのではないかと思ったのです。
私ならまだ子供だし、家族間のいさかいにはならないだろう、という思惑もあります。(ヘマしなきゃですが)

なので、明日祖母のところに行ってこの話しをしてみるつもりです。
世帯主は伯父なので、私があの家に住みたいという旨を、祖母から話してもらうために。

必要なら、伯父に家賃も払うつもりです。
食事を作るのは苦手ですが、祖母に教えてもらおうと思います。


祖母には小さい頃から本当によくしてもらっているので、寂しい思いはさせたくないんです。
小さい頃から私を育ててくれたのは、父でも母でもなく、祖母なんです。

もし私が立てたこの計画がうまく行かなかったとしても、「私が一緒に住む」ことを快く思わない彼らだとすれば、それを阻止するために戻ってくるのではないか、という思惑もあります。

両親は、おばさんと直接渡り合えば、絶対に私が負けるみたいなことを心配しているらしいですが、私は結構大丈夫だと思うんですよね…。(したたかな人らしいです。外面がいいから)
私、あの人にはいい感情を持っていません。

祖母からの話を聞いているので、偏った見方である可能性は否めませんが、やっぱり端々に見える行動は身勝手でいてしたたかです。

祖父が寝たきりになったとたんにいい顔しようと祖母の家に入り浸って、「来るな」ですよ。
でも、祖父がなくなったとき、母に対して「私、お義母さんとうまくやって行く自信ないわ」とか、「面倒見てくれてるんでしょう?」とか、「来てくれてるんでしょう?」とか。
勝手ですね、しかも、「来るな」とか言った事はなかったことにしてるんですよ。
一切の謝罪無しですよ。

偽善っぽい。
いい人面しててやだ。

これは考えたくない可能性なのですが、あの人…

祖母が死ぬのを待ってるんじゃないでしょうか…

怖…

とりあえず明日、祖母と話し合ってきます。

|

« 同窓会。 | トップページ | 種運命23話 戦火の陰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38608/3450155

この記事へのトラックバック一覧です: お家騒動。:

« 同窓会。 | トップページ | 種運命23話 戦火の陰 »