« 気がつかないでいるつもり。 | トップページ | ファンタジージョブ占い »

2005/03/01

花粉症のメカニズム

トラックバック一回失敗してしまった…_| ̄|○

というわけでトラバネタ。

maholo's roomさんの記事。

以前トラバしていただいたのですが、今度はこちらから。
花粉症についてです。

花粉症については、いまだに間違った知識をお持ちの方が多いようです。


この間も花粉症についての記事でお邪魔したのですが、花粉症、というか、アレルギーというものは、免疫力の低下が原因ではありません。
免疫力、もっと限定して言うと、抗体の暴走が原因なんです。治療薬はその抗体の動きを制限するものです。根本的に花粉症を改善することは確実なものとしてはいまは無いのではないでしょうか?

花粉症に限定して言うと、花粉という本来体にとって無害なものに対して抗体を作ってしまったために、それに抵抗する能力が暴走して、自分の体に影響が起こる、というのが花粉症の姿です。
花粉症の症状はくしゃみや鼻水、咳など様々ですが、かゆみを除けばほぼ風邪と同じ症状ですよね?このこと自体が抗体が働いていることを証明していると思いませんか?
花粉症のメカニズムについては

http://health.nifty.com/kafun/001.jsp

で解りやすく書いてあると思います。
抗体の暴走、という意味で言えば、アナフィラキシーが有名ですよね。
あれは、蜂に一回刺されると、その蜂の毒に対しての抗体ができてしまい、あまりに強いその抗体の為にショック死してしまう、というものです。
これの軽いヴァージョンが花粉症とでも思っていただければと思います。
こういう花粉症に対する間違った知識って、結構まだ蔓延しているんですよね。病気=抵抗力の低下、と結び付けたくなる気持ちは凄くよくわかるんですけど…私もそうでしたしね(笑)

あと、naholoさんが紹介されている「体温革命」の紹介文にも引っかかる部分が…

>ガン細胞も、35度の体温で最も増加し、39.3度の体温で死滅することがわかっています。

とありますが、それってガン細胞どころか正常な細胞も死んでしまうのでは。ガン細胞が死亡するのは結構ですが、正常な細胞まで死んでしまっては本末転倒ですよね。大体ガンが難病と言われているのは、ガン自体が細胞であるがゆえに、ガンのみを狙った治療薬が出来ないからですから。
内容を読んだわけではないので、本当の医療知識を書いてあるのかもしれませんが、惑わされないようにしないといけませんよね…


本を読むときには、必ず疑ってかかれ、が私の信条です(爆)
本に書かれた内容という物は、どう頑張っても著者の主観で事実が歪むことは当たり前ですからね。

|

« 気がつかないでいるつもり。 | トップページ | ファンタジージョブ占い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38608/3131535

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症のメカニズム:

» 今ならアレルギー対策無料DVDプレゼント! [ゲーム・DVD・マンガ 本舗]
アレルギーってホントうっとおしいですよね アレルギーで悩んでいる皆様に朗報です... [続きを読む]

受信: 2005/03/02 22:08

« 気がつかないでいるつもり。 | トップページ | ファンタジージョブ占い »