« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/27

疲労困憊

前の記事は昨日書いていたのですが、それにしても大概話題遅れですよね、ははは。

今日はまたバイトでした~。
支店のほうのスタッフさんが表情動かなくて怖い…
声小さいし、一度で言ったこと理解しないし。
自分の精神状態がいまぐらぐらなので確実に目上で年上で経験値も高い筈の彼女に怒鳴りつけたくなる衝動に駆られます。
落ち着け自分。
お客さんの前で苦い顔は厳禁だ!!

早 く 辞 め た い!!

バイトの所為で追いだしコンパに出席できません…うう、友達も移動だからでたかったのに…!!


種運命がまだ全部は見れてないんですよね…
でも、衝撃のレイが議長に飛びつくシーンあたりからは見てました(笑)

うるるるる
「…っギル!!!」

またお茶吹きそうになりました(アスカガちゅーシーン以来)

二日かかって部屋を大々的に掃除しました。
カラーボックス二つ買ってきて、その上に板を渡して、今まで机においてあったプリンターをそちらに移動。
机が久々に広いです!!(笑)

コンポも今まで水平に置けなくて(カラーボックスの上においていたのですが、端だけ高いのでダンボールを下に敷いていた)困っていたので、プリンタの隣に。
一気に収納力アップ!!

そして、いらないものを徹底的に廃棄!!
中学校の教科書棄てました!!(まだあったんか)
いや、もったいなくて棄てられなかったんですよね…教科書って、なんか棄てたら罰当たりそうじゃないですか?(どんな信仰)

花粉症酷いです。
もう目が真っ赤です。
顔も痒いです、てか痛いです。
咳出るし鼻も詰まるし。
マスク無しでは外に出られません。
でもマスクは本当は嫌いなんです!!

今日は3日ぶりに外に出ました(ほんとに引きこもり)

昨日のMとのメール(もはや伏字(笑)
M「種とるの忘れた!ダビングしてくれない?」
→私「うちDVDになったから良くわかんないや。DVD-Rになら焼けるけど」
→M「解った。いつかみれるようになったとき見るからそれでいいや。いつ渡せばいい?春休みなら帰りにとか無理?」(彼女のうちは私の帰路の途中にあるので良く待ち合わせる)
→私「もう春休みだよ。DVD-ROM買ったら教えてね」
→M「春休み入ったんだ!?こっちは仕事量増えてやばいよ…原稿も相変わらず減らないし(次々出てくる)疲れでビデオ予約忘れるし(種のほかにも忘れた)」
→私「まだレポート残ってるけどね。春は花粉があるのでほとんど引きこもり状態です(笑)でも私も結構忙しいのよ?(笑)原稿頑張れ!」
→M「私も引きこもりたい!ぐうたらと過ごしたい!朝昼逆転生活過ごしたい!夜の方が調子いいのでね!(笑)」

彼女は愚痴を言う相手がいないのだと思って極力刺激のないように応対したのですが。
やはり彼女はとても忙しいらしい。
何の仕事してるか絶対教えてくれないけれど、忙しいらしい。
・・・・・・・・ふうん。

でもさ、
私も忙しいっていってるじゃん。
…まあそれはいいや。
これだけは言いたい。
引きこもってもやるこたいっぱいあるんだよ!!!
原稿は私も抱えてるっつの!
レポートもあるんだっつの!!
バイトは馬車馬のように使われてるっつの!!

私はいま予約しているもの種だけですもの、忘れるわけないんですよ。執着してるし(笑)

あんた花粉症ないからイイじゃん!!!

…もういいや…


にっけいしんぶん新聞さんのコメント欄でゲストさんたちの様子がなんだかぎすぎすしてきた…
気分悪いからコメント読むのやめようかな…


これから明日提出のレポート書きます。
嫌いな先生で、出されている課題の意味もよくわからないので放置していたら締め切りが明日!!(おい)
ヤバイ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/26

AERA 2/28号 考

毎週日曜にうちにはAERAが届きます。

AERA
ご存知朝日新聞系の雑誌です。
結構好んで読んだりするのですが、今日はその内容についてちょっと。

表紙は今話題の堀江社長。
でも今回はそこには触れません。他でたくさんやってるだろうし。

一番初めの特集で、「男」のカテゴリ
素顔の「電車男」たち
と言う記事にちょっと引っかかったものですから。

モテない男の話。
メールとかチャットとか、文字での会話なら全く問題ないのに、いざ会うとなると何を話していいかわからない。
とか
女にモテない男は極端になるとオタクに走る。
とか。

まあ色々書いてあるわけですが。
これは別に男に限ったことではないと思うのですよ。

現に私今そんな状態ですし(笑)

というか、恋愛するのってめんどくさいよね、と思っちゃう人間です。
恋愛って、しなきゃいけないんですか?w

モテない男、モテる努力をしない男、恋愛を諦める男。

「女は結局見た目を気にするのよ!しない男は恋愛する資格ない!」
と記事内で言っている女性がいましたが、全くそのとおりだと思います。
というか、それはほとんど自然淘汰なのではないかと。
考えてもみてくださいよ。
野生の動物は、自分の子孫を残すために命がけで戦うのですよ。
子孫を残せないオスだっているわけですよ。(もちろんメスも)

何で人間だけは例外なくみんな都合よく恋愛できて結婚できるんだと思うのですか?
誰かに選ばれて、恋愛して、結婚するのは、自然淘汰に負けなかった、次の世代に命を繋ぐことのできる強い種なのだとは思いませんか?
恋愛は、理性を持ってしまった人間が理性をなくすものです。
理性をなくすことで、初めて子を成そうという本来の命の目的みたいなものを思い出すんだとは思いませんか?

極論ですけどね(笑)

まあこれは置いておいて。
私が本当にこの記事で批判したかった点はこれです。

モテたいけどモテない。「電車男」になれない男たちはほんの小さな石につまずき、たくさんの言い訳で武装して前に出られないでいる。モテるファッションにこだわるよりも、男性を恋愛の社会にやさしく導いてくれる女性こそが、次世代の恋愛勝ち組になるのかもしれない。(抜粋)


あ?
なにそれ?

この記事を書いている記者も、モテない男なのだそうです。
一度も女性と付き合ったことがないそうです。

私はこの一文に彼がモテないわけを見出してしまいました。

彼は女に甘えている!!!

男性を恋愛の社会にやさしく導いてくれる女性こそが、次世代の恋愛勝ち組になるのかもしれない。

自分がモテないから引っ張ってってもらいたいだけじゃねえか!!
そんなヘタレな男なんか捕まえたくもないんだよ!!

女が育てたいって思う男は、年下でショタと相場は決まってるんだ!!!(それはない)

えー、整理しましょう。

最近の女性は、負け犬と勝ち犬の話で大盛り上がりですね。
30代で結婚できない女性を負け犬と呼びます。
はい、そこまではいいです。
30代で結婚は出来なかったが、キャリアは積んできて仕事は出来る。
しかし、やっぱり独り身は身にしみてきたわ…
これが負け犬論な感じですよね?
で、結婚願望がある、しかし、いい男が周りにいない…
焦る!
はい、これも解ります。

AERAではこれまでも何度となく負け犬の記事を書いてきています。
女性たちの一番困ったこと、それは、世に言うだめんずが多いと言うこと!(笑)
負け犬の女性たちの多くは男性に包容力を求めているように思います。
仕事を続けることを許してくれる、とか。
経済力があって、働かなくて良くなる、とか。
ケースバイケースですが、まあ、出来た人間と恋愛したいわけですよ。

はい、ここで重要なのは、女性たちは「いい男」をもとめている、と言うことです。

で、最初の記事に戻りましょうか。

男性を恋愛の社会にやさしく導いてくれる女性こそが、次世代の恋愛勝ち組になるのかもしれない。

導かれなきゃ恋愛の場に出て来れない様な男は、願い下げです。
私は嫌です。
恋愛のセンスがないということは、子孫を残す能力がないこととイコールなのです!!(極論)

まあ一言で言えば。

そんなもんてめえで何とかしやがれ!!

なわけですよ(笑)

こういう人たちは好みの女性を見るとすぐ恋愛体制に入っちゃうんだろうな…
そういうところが、引いちゃうポイントだと思うんですけど、私だけですか?


つーかまた支離滅裂な…


また下らぬものを書いてしまった・・・(斬鉄剣)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/02/25

崩壊の準備を

タイトルに深い意味はありません(笑)
人格崩壊だけは避けたいところですが。

指先の彼方更新しました…っていっても大して変わってません。
更新これから更に亀になりますι原稿やりたいので。
無駄だと解っていても努力しなきゃスキルアップにはなりませんもんね。

H2見ました。
漫画読みたくなっちゃったな…
みんなして厚い愛蔵版買っていくんだもんなー…
気になる。アニメになったときは見る気にもならなかったのに。

皇太子が読まれたと言う「子ども」の詩を書いた人の本を探される方が結構いてびっくり。
本人は「ミーハーでねえ」と仰っていたけども。
なんていうか…すごいな、と思いました。
私はなんか天皇家が読まれたと言うだけで手の届かないもの、と思ってしまいがちです。
偏見なんですけどね。
確かにあの詩はいいと思ったもんなぁ。

「暴力を受けた者は暴力を覚える」

って、そのまま虐待の連鎖を思い出しました。

あれー?書きたいことあったはずなのに忘れちゃったなぁ…

あ、今日は引きこもりでした(笑)
かなりカウチポテトな生活してました。
見てたのはテレビじゃなくてパソコンでしたが。

あーあ、お昼のドラマの「スゥとノンノン」見るの忘れた…(笑)
あれなかなか好きです。
「冬の輪舞」よりか好きです(笑)(この題名どっかの韓流ドラマを彷彿とさせる…)

「冬の輪舞」が「牡丹と薔薇」系なら「スゥとノンノン」は「キッズ・ウォー」な感じ(笑)
キッズウォー大好きだった…!!


良質な泣ける小説が読みたい…!!
あと文章が耽美系な小説!!
ヤオイも読みたい!!(はっはっは)(何)

そういやNHKで高校講座の「情報」の番組見たんですけどね。
オーストラリアの大学の学位を取得しようとしている方がいらしたんですよ。
ネット使って。
で、英語でチャットとかメールを書いてるのを見て、
私には無理だな
と思いました(笑)
英検準2級が泣きますが、ほんとに英語はわかりません。
バイト辞めたらTOEIC(綴り不安)受けよう。勉強しよう。
ヤバイこのままじゃマジ頭豆腐になる…

今日からレポート心理学のものに取り掛かろうかと。
でもあの教授訳わかんないからレポートの設問の意味も解らない…
どうしよう…

デリコのベストCDエンドレス。
頭に残る~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/23

安楽と怠惰。

ここのところ気分が浮上しない理由がわかりました。

小説が書けないからだ…

書けない。
いいネタ浮かばないのと、時間が無いのと。
どっちの意味でも書けない…

情けなくって涙が出てくらァ!!(笑)

バイトでも失敗してしまい、更に凹み…
外に出るのだるいー。
花粉がそろそろ目鼻にも来そうです。
外に出ただけで鼻水が…(汚い!!)

だれか目だし帽!!ゴーグルと目だし帽を!!
そいでマスクして…

怪しい!!

どうにも咳が止まりませんが、例年に比べるとマシな気がします。
毎年喉がらがらになるまで咳してますからね~。

いつの間にか花粉症レポになってる…(笑)


哲学の課題レポートで、「時は流れるとはどういう意味か」という題材を書いたのですが。
書いてるうちに京極堂とかラーゼフォンとか昔書いたタイムスリップ物とか色々思い出してしまいました。
京極堂の「姑獲鳥の夏」内で量子力学の話をしていたのでちょっとそこだけ読み返してみたり。
読み返してみたら…
京極堂が今とは別人なんですけど…(笑)
なんか、笑ってる…?
関口君も割りとマシだし。
今のあのダメっぷりはなんなんだろう…

あ、塗仏読み終わりました。
関口君最終的に警察から出られたのだろうか…

京極堂どんなんでもかっこいいよ~!!(笑)

ラーゼフォンの映画のパンフレットもひっくり返してみたりね。
ラーゼはそのまま時を量子力学的に捉えた話だったので。
やっぱ好き。

で。
それで書こうと思ったのですが。
さすがに小説は参考資料にならないなと思いネットで探したのですが。
どこもわかりづらい説明をしていて理解不能でした…がくり。
如何に京極先生が凄いかわかりました…
だって、計算式とかで確立を証明されてもこちとら素人なんでさっぱりなわけですよ。

なんとか資料になりそうなのを見つけて原稿にペタリ。
もう、いい…

「ロボットが心を持ちうるか」とか
「自殺を禁止すべき理由はあるのか」とかでも面白そうでしたけどね。
一番論じやすそうだったので、時の流れについて。

結局破綻してしまったような感じもしないでもない…

あーこれ今から出しに行かなきゃ。そいでバイトだ。
心理学のレポートもそろそろ書かなきゃな…

あれ、今度はレポート状況のレポになってる(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/22

種運命18話 ローエングリンを撃て!

遅まきながら観ました、種運命18話。
ごめ…もう、なんていうか…

やっとシンが主役らしくなってきたのが…

いや、もう何も言うまい(笑)

18話って言ったらあれですよ。
前作種ではキラがフレイとほにゃららなったあたりですよ。

「僕に敵うわけないだろ!」

の、あのあたりですよ。
ああ~!!キラ!!キラが見たい!!キラーーー!!!(@アスランヴォイス)

黒いキラとか種割れキラとかバーサーカーキラとか
大好き!!(いやいいから)

話を戻しまして…
シンですね。洞窟内で文句垂れ流しですね。
上官にも突っかかりっぱなしだったんですか。
あれでよく軍に残れましたね。
やっぱり紅は人付き合いが苦手な人が集まるところなのでしょうか?(笑)

「ミス・コニール!」
紳士的なアスランにキュンキュンしてしまいましたよ(笑)
それと共に笑いもこみ上げてきましたが。
コニールさんはアスランに信頼を置いている感じでしたね。
あれはなんか憧れとかもう惚れてるとかの域まで行ってるんじゃないかとw

コニールって何ものなんだ…子供ですよね?
アストレイの風花みたいに天才なのかしら…

「私、予防線張られた?」
ルナマリアの台詞。
え?何々?
予防線?
それってそれって、
ルナマリアやっぱりアスラン狙いだってこと!?
しかもしかも、
アスランそれに気付いてるって事!?
うわ!ザラの癖に!!(笑)
もててるの自覚ってどうなんだろう…
それはそれで萌えるからいいけども。(いいんか)

そういえば、坑道の説明をアスランがしていた時、アーサーが納得顔でうなずいていたけども。
あんたこの作戦知らんかったんか?
さすが史上最強のコーディネイター、おとぼけキングだよ(笑)


次回予告。
まさかまさかと思っていたミーア専用ザクがでてきちまった…
ピンクのザクは釈専用で終わらせてくれよ!!
ていうかなんか下手なチーマーみたいなロゴが書いてあるよ…

そして。とうとう来ましたハイネ・ヴェステンフルス!!!
ヴェステンフルスはドイツ語で西の川!!
ハイネは西川さんの昔の芸名!!
そして髪型はその頃の髪型らしい!!

西川が来た!!!(笑)

これでミゲルと同じ演技だったらどうしよう、笑える!
いいけど。楽しみ!

アスランの作画が同人ぽ…いやいや、異様に可愛いのはどうしてなんでしょうか(笑)
口元押さえて驚いてるのはなんでなんでしょうか。
オレンジだからか?
ミーアにチューされたのか?
それともどっかの金髪姫みたいにうっかり本名呼んじゃったとか?

…ありそうでやだ。


それにしてもガンプラのCM…どうにかならんのか…


ついでに。
フレッツ・スクウェアでSEED120%見ました。
超再放送はヨウラン・ケントの杉田さんとヴィーノ・デュプレ役の小田さんでした。
同い年コンビで仲がいいそうです。
最後のほうで、
「俺杉田さんがヨウランでよかったと思ってるよ。」
「ほんとか?」
「ほんとほんと、大好きです」
「言葉だけじゃなく体で示せよ」
「じゃあこれが終わったら…」
「御免被る!!」

…だったかな?(激しくうろ覚え)
みたいな応酬がありましてね。
不覚にも萌えちまいましたよ!!(笑)
くだんのうすらいさんにも教えましたが、彼女はフレッツ見れないそうで…
危うくヨウヴィノにはまりそうな自分がいます(笑)

本命はアスキラですがね!!!(やめい)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/02/21

どきどき…

今日一日CDレジに入っていて、ラブサイケデリコのCDEarly Times のプロモーションを聞き続けて、洗脳されたように買ってしまった…
アマゾンで、ですけど(笑)

ついでにオペラ座のサントラも買っちゃおう!一緒に!と思ったら…
もう発送に入っているそうで。
早いよ、異様に・・・
いいけど。

しかし、ほんとに今月からバイトやめる人が多いらしいです。
知り合った人がどんどん辞めていきます。
今日話した人は、三月いっぱいで辞めるつもりが、四月いっぱいまで引きとめられたとか。
うう~、早く辞めたいよう!!

バイト辞めれるか不安になってきてどきどき。

咳が止まらなくてどきどき。
バイトに薬忘れてったあ!!!(死)


帰りに寄った地元の本屋さん。
もはや顔見知りの店長。

「勉強楽しい?」

ときかれ、

「ええ、まあ、そこそこ…」

と答えた私。

その店長の手元には、私が今日買い求めた

犬夜叉39巻

すきしょ(BL小説)


・・・・・・・気まずい沈黙なのはどうして??(どきどき)

編集長から何の音沙汰もなくてどきどき。
送ってくださった原稿に余計なこと書き連ねて送り返してみたので…

なんかまずった!?

まずいこと言った!?


ヤヴァイ!!!(笑)


怒ってるのかな…
ていうか最近自分情緒不安定です。
というよりイライラ?

すべて、バイトがいけないのです。(しつこく愛ルケw)
そして、花粉もいけないのです。(爆)

はやく、辞めたい(はあとまあくv)

ひとり愛ルケフェアですよ。
今日なんて駅の本屋で渡辺先生の小説探しちゃいましたよ(笑)

つーか一日に何軒本屋行ってるんだ…

…職場含めて5軒でした。


「生きたまま火に焼かれて」(だったかな?)を立ち読みしてきました。
三分の一くらいですが。
怖い怖い。

殴られて生きるのが当然の人生なんて、ないほうがマシですね。
女に生まれることはそんなにも卑下されるべきことなのですかね。
でも、そういう風習の中で育ったらそれがもはや当たり前だから、それを変えるのは難しいですね…
京極堂に来てもらわないと!!!(結局そこ)

塗仏の宴 宴の始末 …やっと半分読み終わった…
なかなか纏まった時間が取れないのですよ…

明日はレポート書かないとなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/19

お…教えてあげたい…

ヨウヴィノ同盟

えー…
これ、何かといいますと、まあ…
友達がね!
うすらいさんがね!!(だすなよ名前)
ヨウヴィノ好きだけどマイナーだって言ってたからね!!!(種運命)

見つけてきてあげたの!!!
同盟!!!!

ただそれだけなんですけど…
コメントくれないかな、うすらいさん…

そのうちサイドにも貼るから!!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココロノヤマイ

近頃話題のにっけいしんぶん新聞さんというブログでやっている「今日の愛ルケ」というエントリを読破しました。
(レポートあるのになにやっとんじゃお前)

*知らない人に*
「愛ルケ」とは。
かの有名な日経新聞での渡辺淳一先生の連載小説「愛の流刑地」
(このコンビは「失楽園」でも有名)
を読み、レポートしながら至るところに突っ込みを入れるというスタンスのエントリのことです。(笑)

あ、因みに渡辺先生は「失楽園」を書かれたことから解るように、大変うざったい激しい性描写をされることから、このエントリ自体R-15な感じです(笑)

私は、「愛の流刑地」、ましてや「失楽園」などは読んだこともないのですが、ここにはあらすじがある為なんだか読んだ気になってしまいます(笑)
そして…本当に何というか、これって文学?ポルノ小説じゃないの?

というか、ポルノだとしても三流!!
最近の同人誌の方が描写も巧いよ!!

という感じです。
(まあ記事には記者さん(管理人さん)の私見も入っているので多少歪んでいたりもするのでしょうが…)

この小説のあらすじについて、競ってみんな短くしようとしているので挑戦しようと思います。
あらすじを言うなら、こうです。

作家崩れの55の男が、ファンだという36歳人妻と度々会ってはエッチする話。

おしまい。

わーい、一行で終わっちゃったー今106話くらいなのに(笑)

しかも主人公やたらけちだし、風呂入らないし、大してうまくもないし…(ええ?)

あ、この場合うまいうまくないの判断はエロ小説基準ですんで(笑)
もはや私はこれを純文学とは認めません。

それにしてもこのブログは色々面白すぎでした!
もう日参してしまうかもしれない…


なんだかまたウツです。

同人の相方水瀬からのメールにもいちいち腹立ててます。
サイトを移動しようという話になっているのですが、
私が

「今月はレポート2本残ってて、小説投稿もしようと思ってて、バイトもあって、新歓の準備もあるからサイトの移動自体は4月半ばになると思うよ。だからペーパーにURL変更とかはまだ書かなくていいよ。ごめんね」

という旨のメールの返信が、

「来月までは私も忙しいからちょうどいいかもです(苦笑)今、鬱に近くなってます(-_-)毎日歩とひよのと火澄描いて…
お互い頑張ろ(痛笑)」(一部抜粋)

とか帰って来ようもんなら、

なめてんのかテメー!!!

といいたい衝動に駆られるのは私だけなんでしょうか。
短気ですか?そうですか。

どうせ彼女はこのブログ見れないんで言っちゃいます。ここだけの話。

私としてはバイトに行くのも苦痛になってきてるし、外出るのも(花粉とか)嫌だし。
レポートだって残ってるのになんだか(花粉が出てきた所為で)具合悪くて書く気でないし。(言い訳)
小説もなかなか進まないし(遅筆だから)、演劇の準備やらでまた外にでなきゃいけないし。

こういっちゃなんですけど、彼女より私のほうが断然忙しいんじゃないかと思うんですよ。

そこをですよ。

仕事何してるんだか教えてくれないので忙しいのかよくわからない彼女。
それでも毎日絵を描いてはイベントには必ず出席する彼女。(私だってバイトなきゃ行きたいよ!)
漫画家になりたいとか夢みたいなこといっては特に何も行動を起こさない彼女。(投稿くらいしてみれや!)
体が微妙に描けない彼女。(関係ない。…でも練習してるのかな…)

そんな彼女に、

頑張れ!

と言われるならまだしも

お互い頑張ろ(苦笑)

とか言われたくないわけですよ。

こういう微妙に目くじら立てるのもつまらないようなイライラポイントを確実についてくるので神経が逆立ってくるように感じますよ。
ほとんど八つ当たりの域のような気もしますが。


あとイラつくのは、どこの誰とは言いませんが、某同人誌のサークルですよ。(解っちゃうよ!!)

私、当初彼らは遊びでそういう本を作っていたと思っていたんですよ。
会社~とか銘打ってやってたのだって、そういうユーモア、つまりシャレなんだと思ってたわけですよ。

本気で会社立ち上げてるつもりになってたとは夢にも思わんかったわけですよ!

今もその境界は微妙なところですが、半分くらい本気なんだと思ってます。
特に編集長。(解るって!!!)

大体通販もしないくせにオフで本なんか売れるわけないんですよ。
WEBでさえ売れるか疑問なのに。
WEBなら中身見ないですむから売れるかな、とか思うわけですよ(笑)
中身見ちゃったら…ねえ?(笑)

はっきり言って全体的にレベルが低いと思われ。
特にNさんHさんもちょっと思い込み激しいような気がします。(あーあ、やっちゃった)
自分で大人っぽいって言ってる人は大して大人なわけではないと思います。
親が離婚したっていうのが特別な、複雑な家庭、と思ってる時点で自分たちを特別みたいに思っているのではないかと。
家は特に離婚したりしてないからそう思うのかもしれませんけど、そうやって壁作ってるのは自分だと思います。

あと、みんなWEBに夢持ちすぎです。
ネットに出したからなんだって言うんですか。
それでみてくれる人が増えるなんて甚だ思い上がりですよ。
目立つことしないとヴァーチャルでもリアルでも注目なんてされないんですよ。
本屋にちんまりと一冊だけ自分の本があっても、誰かに目を止めてもらう、といういわば偶然がなければ、誰かに読んでもらう、という奇跡は起こらないのですよ。

と、小学生の時自分で書いた小説の本を先生に頼んで図書館に置いてもらった経験のある恥知らずはこう思うのです。

…あれはあれで結構効果的だったらしく、20人近くに借りられていたようですが…
恥ずかしい奴だ…

本当は誰にも見つからなくていいから、本だけ置いてて欲しいなーと思っただけの話だった筈なんですけどね。
先生に打診したら、貸し出しカードつけてあげる、といわれ…
懐かしいな~。

そこで、私はもっと小説を書いて、誰かに読んでもらえるように、今日も小説を書くのです。
宣伝なしに誰かに知ってもらうことも出来ませんから、ブログも書くのです。(Pingサーバーとかの機能もあるし)
(というかこれはただの日記だ)
すべて、あなたが悪いのです。(愛ルケw)

ぐちぐちぐちぐち言いましたが、かく言う私は間違った知識をひけらかしたり、嫌なところはたくさんあって、いろんな人に目をつぶってもらってるんだろうと思います。
そう考えると自分は凄く嫌な人間だということに思い至りましたので、ここはひとつかるーく受け流していただけると嬉しいです。

寛大な皆様ならきっと「てめえ何言ってんだボケぇ!!」で済ましてくださる事でしょう。


あーずっと言いたかったことを言ってしまって逆にすっきり。

あとが怖いことも今だけ忘れてしまいましょう(笑)

少しウツから復活。


復活ついでに真綾さんの歌「孤独」から~♪(2ndアルバム「DIVE」)

人はどうして愛したら愛されることでしか幸せになれないんだろう

自分の心が放つあなたへの思いだけで 喜び感じたいよ

そこはかとなく暗くて後ろ向きで青い感じが大好き!!
今の歌もいいけどこの頃のもイイ!!

今日は久々にながーーーーく書いてしまいました。
ここまでちゃんと読んでくださる人なんていないんだろうな…げふん。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005/02/17

花粉症@喉

咳が出るのは花粉症のせいだそうです。
道理で毎年同じ時期に咳が出るわけだわ。(えー今更ー?)
そう、去年もおととしもこの時期になると必ずカラオケに誘われて、必ず喉がいかれてて、声が出なくて悔しい思いをしていましたよ…(笑)
病院で咳止めもらったのでだいぶ楽です。

でも明日もバイトなんですよね…
今日も高校時代の弓道部仲間でカラオケ行って無理しちゃったし…(笑)
声出るかな~。

今日は雪が凄かった…
またかよ!ってくらい降りましたよ。
花粉まみれの雪…最悪…
そろそろ目も痒くなってきましたよ。

朝洗濯物を干している時、ブログにはまる奥さんの特集をしていました。
そういや私の友達もブログ始めたって言ってたな…
一人一ブログの時代が…来るか?(笑)

レポートやらなきゃいけないの忘れてました…(死)
早くやらなきゃ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/15

ツバサ・クロニクル

ツバサ・クロニクルエンディングテーマ曲に真綾さんが!!!シングルが出る!!
うわーい!!真綾さんだ!!絶対見るぞ!!多分ちょこっと出るだろうし!!
真綾さんはCLAMP率高いなー。
CLAMP学園とかでも歌ってるし。カードキャプターさくらでも歌ってたし。出てたし(笑)
映画に「無」のカード役で出たときはさすがに驚きましたがね!あれは真綾さんを出すためだけに作られた映画に違いない!!(ええ!?)

今回は菅野よう子さんや岩里祐穂さんとは別個のお仕事なんですね。
どんな感じになるんだろう…楽しみ!!

そういえばみんなの歌でも歌ってたからNHKとは馴染みが深いな!!

それにしても…
キャストがちょっと…

小狼役は入野自由!?ええ!?くまいもとこさんじゃないの!?
さくらは丹下さんが活動休止中なので、しょうがないのかもしれませんが…
ええー…

入野自由のイメージ
「ハク」(千と千尋の神隠し)「春日井甲洋」(蒼穹のファフナー)
あとはパラッパとかD・N・ANGELの大助。(見てないもん…)

微妙…

嫌いじゃないんですけど~、小狼にはどうかな~と思うわけですよ。
くまいさんが好きなのに!

まあ…どう演じてくれるのか楽しみではあります。
そういやxxxHOLICは映画化するとか言ってたのはどうなったのだろう…
連動でぜひやって欲しい!!(笑)四月一日くん!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バレンタインズ・デイ

えーと、今日(ていうか昨日)バレンタインだったんですね(笑)
英語のテスト返してもらいに学校行ったついでにチョコ渡してきました。
誰にって教授に。(笑)

テスト?
散々ですが、何か?

今日は友人シイカさん(仮)(え?)と急遽カラオケに行くことに。
UGAないんか~!と大騒ぎしてましたが、なんだか微妙なテンションのまま歌ってお開きでした(笑)
なんか振り回したみたいな感じになってごめんよ…

雨の日はノーサンキュー聞きたかったよ…(笑)

え、なんかここに書いちゃまずいかな、シイカさん私の名前伏せてるし…
まあいいや。(オイ)

彼女が私のブログ結構読んでくれていることに多少の驚きを感じつつ(笑)
楽しいひと時を過ごさせていただきましたよ。


滑って転んだ話してたんですけど、帰りにまたこけました。家の前で。
見事にスライディング。
プロのサッカー選手もびっくり!
痛いっつーの。


父の為にバレンタインの為に杏仁豆腐作りました。
ただ単にそろそろ処分しなければと思ったのが本音(笑)
え、粉末のインスタントですよ?
お湯で溶かして牛乳加えるだけの…(笑)

そろそろ出来上がる頃なので食べてもらおうか…(夜中)

ところでバレンタインデーって何の日か知ってます?
バレンチノ、という聖職者がローマの王に処刑された日なんですよ。

バレンタインデーの起源

チョコレート上げるのは明治(だったか?)の策略で、他の国では男性から花なんか贈ったりするのが風習だったり。
なので、女性がチョコレートを意中の男性に渡す、という風習は、日本独特の文化だ、とも言えなくはないですね。

チョコレートなんて買ったら自分で食べた方が私は幸せですがね(笑)

あー、カラオケなんて行った所為で咳が…げほげほ。
明日はちゃんと病院に行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/14

辞めたい理由。

バイト辞めたい旨伝えてきました。

反応。

検討します、と、言ったように聞こえました。

何故そんなアバウトな感想かと言うと、
バイト先の社員の人たちの言葉は聞き取りづらいのが常だからです。

あんたら客商売なのにそれでいいんか。

それにしても検討ってなんでしょうね。
いつになったら辞められるんでしょうね。
辞める権利はバイト側なんじゃないんでしょうかね。

たくさん辞める人がいるから困るのは判るんですけどね。
そんなの会社で何とかしてくださいよ。
私ただのバイトですし。
言われたとおり半年はやりましたし。
1ヶ月前の申請なので突然の申し出でもないでしょうし。(素振りはなかったから突然のような感じはしたかもしれませんが)
誠意は尽くしたつもりなんですけどね。

体力的にも精神的にもちょっときついんですよね。このままだと。

そういえば、朝バイト先に言った時、上の人に第一声

「具合悪いの?」

ときかれました。

私は具合が悪い素振りをした覚えがないので、誰かから聞いたのかと思い昨日から咳が止まらないのでそのことを伝えたのですが。
もしかして…このブログが発見されたなんてことは…!!!
…まさかな。

まあそれはいいとして。

今日は支店に出張だった筈なのですが、その応酬があったあとなぜか本店配属になっていました。
しかもレジ。

…あのう。
どう考えても本店の方が忙しいんですけど。
しかもレジて。
ずっと喋ってなきゃならんじゃないですか。
咳する人にさせる仕事ですか。

あんた私のこと嫌いだろう!

これはイヤガラセなんだ!そうに決まってら!
…真意は謎。

今日の出来事の所為で辞めたいゲージが一気に上がりました。
でもまた「辞めたいんだ」って主張しなきゃならないのか・・・
体力と精神力がいるのに…


咳が酷くなるばかりです。
熱は上がらないのに。
とりあえず病院いこうかと思ってます。
相変わらず病院と縁の切れない体だ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/13

根性なし。

「バイトやめます!」って言えなかった…ガクリ。

うおお俺根性ねえええ!!!

明日言おう、うん。
体調崩すし、花粉辛いし、何より来期は進みたいコースへの選別があるから勉強しなきゃいけないし!

やめるぞ!
そしてもっといいバイト見つける!(笑)

小説を書くのが一番の目的なんですけどね。ははは。


小説といえば。

今日職場で新人の大賞受賞作品とか見てたんですけどね。

一般的にライトノベルと呼ばれる小説にときめかない自分に驚きました。

なんだろう…どうして?

ある小説の帯に「キタ――(゜∀゜)――!!」とか書いてあったからかな…(笑)

まあいいです。
今年は絶対出します。
出すだけはしたいです。
…出せたらいいなあ(おい)

今日の萌!(ええ)

螺旋!
アイズ様出張り!!
ひよのはやっぱり怖い!(笑)
あー坊はもう何考えてんのかわからない!

クローン説はあたりです!
清隆のための実験用人体?

もしかして、「神」もまた「悪魔」になりはしないか、ということの研究?
もしくは、いずれ死ぬであろう清隆のための素体?(いずれ脳だか記憶だかを植えつけたり?)

なんなの!?

あらすじはわかるのに本質がいつまでたっても見えない螺旋。
気になる…。


種運命!
声は同じ!(笑) シンVSアスラン!
ザラ偉そう~!キラに心配かけてるくせに!!ヘタレめ!(けなし愛)

ラクスはまだ公式ではアスランの婚約者なのか…

ルナマリアのシャワーシーンが!
シンは!?シンのシャワーは!?(3Sネタw)

キラキラキラキラ!!(うるさい)


明日もバイトだこんちくshow!

テンション変だな…

咳がとまらない!!風邪か!?花粉症前なのになんてこと!!!


<<追記>>

うっかり書き忘れ!「指先の彼方」更新しました!

トップページかなり改装。でもまだ不完全!(笑)

も少しいじりたかったけど…ι

小説も更新したいと思ってますので…期待は…すこーしだけしてくださると嬉しかったり★(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/11

Phantom of the Opera

最近更新してなかったので書きたいことはたくさんあるのですが、トラバもしているのでこれから。

オペラ座の怪人」を観て来ました。

不覚にも劇場で泣いてしまいました…
私、自慢じゃないですけど、映画館では泣いたりしないんですよね…
しかも洋画に…悔しい…(笑)

まあそれは置いておいて。
今回初めてオペラ座の怪人の内容をすべて把握しました。
今までオペラ座の怪人って言うと、某有名探偵を祖父に持つ少年探偵の「オペラ座の怪人殺人事件」のイメージしかなかったもので(笑)
哀しい話でした。
オープニングが凄くかっこよかった!
構成も好き。
ミュージカル、舞台のイメージがしっかりあって良かった。
会話のかみ合わなさ加減がいかにもミュージカル(笑)

トラバ先のお題が、「恋をするならファントム派?ラウル派?」なので、此処で言っておきます。
私は断然ファントム派です。
というか、ラウル最後まで好きになれませんでした。

確かに顔はいいんですけどね…確かな愛を貫いてもいるんですけど…
どうも私はファントムにかなり感情移入してしまっているようです。

クリスティーヌが途中から憎くてしょうがなくなりました(笑)

ラウルは正統派のヒロインの相手役でしょう。
でも、どことなく自分のことしか考えていないような気がしてなりませんでした。
「慈悲を!あなたには慈悲がないのか!」
とか言ってるし。
クリスティーヌもそうだけど…

なんか気分良くなかった…

クリスティーヌがまだファントムに心酔していたあたりはクリスティーヌが私と近いところにいる感じがしていたのに、ラウルに走ってからは感情移入できなくなりました。
彼女が私から遠くなってしまった。

途中で「ノートルダムの鐘」を思い出しましたよ。なんか結末とかそっくりな気が。

オペラ座のマダムが凄く好きでしたね。
きっと、ファントムの人生の中で同情をくれたのは彼女だけだった。
それがこの結末を呼んだ引き金になろうとも。
見世物になっていたファントムの描写は映画のオリジナルということでしたが、とても良かったと思いますね。
ファントムのことを知っていて、節々で彼が罪を重ねないように、そして存在を知られないようにさりげなくかばう彼女は、優しい人なんだな、と思います。

この彼の話を聞いたラウルが、ファントムを「狂った天才だ」と断じてしまったときから
(ああ、もう好きになれない…)
と思ってしまいました。
あそこで何も言わないで黙ってしまう、という演出だったら好感度下がらなかったのに…

ファントムはずっと孤独に生きてきた。
見世物にされて、大切にしていたオルゴールをぞんざいに扱われ、見世物小屋の主人を殺してしまって。
マダムに匿われたけど、それもやっぱり同情しかしてもらえなくて。
逆に、「こんなところに閉じ込めて…」という怒りさえあったかもしれない。
誰にも求められず、誰にもその存在を知られるわけには行かない。
ファントムはその名のとおり「幽霊」のようになっていた。

そんな人生の中で、はじめて人に求められた。
存在を知られた、「天使」としてあがめられた…愛された、と感じる。
その相手が、クリスティーヌだった。

ファントムはずっと誰かに愛されたかったのだと思う。
優しく言葉をかけられたかったのだと思う。
それを与えてくれたのが唯一クリスティーヌだった。
彼にとってはたった一つの救い。
クリスティーヌも彼に従っていた。
本来ならその均衡が保たれていれば彼は十分だった筈だ。
クリスティーヌが彼を求め続けてくれさえいれば。
その均衡をラウルが破った。

彼は不安になっただろう。
クリスティーヌが離れていくことは、彼にとって死活問題だ。
だから必死になって繋ぎとめようと、力づくでも繋ぎとめようとした。

それでもクリスティーヌは彼を選ばなかった。

ラウルの命と引き換えにしようとしたクリスティーヌの愛は、けれど空しいものだった。
それはもはや偽りになってしまったから。
ラウルを生かしても殺しても彼にとっては追い詰められる結果にしかならないとわかったから、彼はクリスティーヌを解放した。
せめて、彼女が幸せになれるように。

これで、彼の支えは宝物のオルゴールだけに戻ってしまった。

ここで、クリスティーヌが「愛のおすそ分け」みたいに指輪を渡すのが気に食わない。
結局ラウルと行ってしまうのに、半端な優しさがほんとにむかついた。

「歪んでいるのはあなたの魂だと気付いたからあなたの顔は恐ろしいとは思わない」
みたいなことも言ってたけど…
でも、私にはファントムの心が歪んでいるとは思えないんですよね。
確かに子供っぽくはあるけど、むしろ、「愛して欲しい」って全身で訴えるように純粋だと思いました。
でも、ああ、クリスティーヌは聖女じゃないんだ。
ただのヒロインなんだ…

とにかくファントムが可哀相で愛しくて切なくて終わった映画でした。
無理矢理にでも何でもクリスティーヌと結ばれて幸せになって欲しかった…
まあ、これも不幸な終わり方ではないんでしょうけど。

書いててまた涙出てきました。
おかしいな…涙腺緩んでる?

まあ、久しぶりに感動できる映画でした。
最近はアニメとギャグに走る傾向があったので(笑)
音楽の「オペラ座の怪人」が頭から離れません。
ついでに言うと、映画の途中であの某車のCMが何度も頭をよぎりました(笑)

「私を目覚めさせる」

って歌詞にあったんですね…
やっとリンクしました(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005/02/04

はぁ!?

Amazonでハイカラさんの「PRIDE」と、有坂美香さんの「LIFE GOES ON」を以前から注文していたのですが…
(両方とも種運命だ)

いつまでたっても来ない…

おかしいなァと思って配送状況を確認すると、

「発送可能日2006/1/25~2006/1/30」

2006/1/25~2006/1/30

2006

来年かよ!!!

どうにも出来ないのでキャンセルしてもう一度注文しなおしました。
初回特典がなかったらどうしてくれよう…

むかついたのでクレームのメール送りました。
しかしちっとも気が晴れない。

発送予定日1月なのはヘンだな~とは思ってたのですが、時間かかったりしてるのかな、と、そんくらいにか思ってませんでした。もっと早く気付いていればよかった…

今週の水曜日は「オペラ座の怪人」を見に行く予定です。
一コマテストで終わりなのにバイトが5時からなので(笑)
いつもいつもいつも水曜に入れやがって!!!
まあとりあえずいいです。いずれやめてやります。

本屋の仕事は好きですが…体制がいや。

一週前でないと予定がわからなかったり。

出張で出た先から帰れなくなったり。
(迎えに来る人が出がけに上司に捕まえられて遅れた。ほぼ一時間)

電話がしょっちゅうかかってくるのも嫌。電話嫌い。
お客さんからかかってくるのは致し方ないですが…嫌なのは店同士の電話。
社長とかからかかってくるの嫌です。まともに言葉が交わせません。

今度バイトするときは電話のないバイトにしよう…

しかし、なんだかやめづらい状況です。
どんどんバイトやめていくので人手不足です。
進学の問題が絡んでるので仕方ないですけどね…


テスト用のレポート書かなきゃ…土日バイトで潰れるし…

もう寝たい…_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/02

浮上しました。

しばらくウツっぽかったですが何とか浮上した感じです。
ここのところ暗い話ばかりですいませんでした。

浮上原因。

ファフナーDVDが来た!(単純)

件の「あの動きは一騎です!」総士が聞けて悦でした(笑)
乙姫が可愛いいい!(ラヴ!)
真矢も何とか様になってきた感じ。
早く全部みたいです。毎回言ってますが。

テスト大詰めです。
でも私今回受ける数結構少ないかも…
受けてる講義が少ないのもあるんですが、レポート課題のところも多いからかな。
勉強しよう。


花粉症対策の為に耳鼻科に行って来ました。
今年は2月中旬(1週間後くらい?)に来そうだとのこと。
お話していたら、私にはヒノキ花粉の花粉症の疑いも出てきてしまいました。
もう…いや…orz

明日はバイトだ…せっかくお休みもらって楽だったのに…
ほんと、もう、やめよう…

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »