« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004/11/28

種運命7話 混迷の大地

ああっ…書くつもりはなかったのに…!!
あまりの素敵な内容に書かずにいられなくなってしまいました…!

アスランがかっこよく見える…!(ええ!?)(笑)

もう、地球に降下するところでちょっと焦ってたりするのも萌え!
そんでシンが助けに行くのも萌え!!

「いくらインパルスのスラスターでも2機分は…!」
「どうしてあなたはそんなことしか言えないんですか?」
「じゃあなんて言ってほしいんだ?」
「俺を助けろこのヤロー!とか…」
「…(笑)そう言ってほしいのか?」


ええええ!?何親しくなってんの!?
やめてください萌えるから!!!(笑)


シンがアスランにすっかりなついちゃってるよー!!


降下後。

あれ?無事なの?
熱さで苦しまないの?
ハアハアは?(一度死になさい)

アスハ代表登場(もはやカガリとは呼びたくないらしい)

しかも真っ先にアスランのとこ行くのかよ!
もうちょっと疎外感みたいな感じろ!!!
きっとアスランが近づいてきてくれるからそっちらへんで待ってろ!!

こらえ性のない子はほんとに嫌いよ!

私なんかテレビの前で堪えまくってるのに!!!(え)


今回の見所。
シンがアスハ代表に食ってかかる。(またかよー)

「あの人が可哀相だ!!」

全くだ!!!(笑)

アスハ代表…軽率すぎます。
でもちょっと今回立場弱かったね。
泣きそうだったし。


…でも嫌い。

もう少し為政者として自覚を持っていただきたい。

あれー?
前はできてた筈なのにな…種の前半くらいは…

それが出来なくなって、ただの暴走キャラになったら嫌いになってた…

こんなにキャラが嫌いになることはあんまりないですよ私…


アスランが射撃の腕を見せ付ける(格の違いを見せてやる!@鋼)

すげ!!
かっこいいよアスラン!!!!
どどどどどうしちゃったの!!!

あのヘタレはいったいどこに!!!???(笑)

かっこいいいいい!!!

ルナマリアとの掛け合いがたまらなく良かった…

「敵から仲間を守ることができるじゃないですか」
「…敵って誰だよ…」

種無印の流れを汲んでの言葉ですね~。

お前ら恋人親友と敵同士になって殺しあったりしたことあるのか?
俺にとっては敵はキラだった!
最強の敵と呼ばれ、俺が撃ったのはキラなんだぞ!!

…中山脳内放送でした(笑)

そうじゃなくて。
敵ってのはあくまで相対的なもので、決して悪ではない。
人を殺すと言うことは、憎しみの連鎖を再び繋ぐことにしかならない。
ということですね。

そして…

キラ!!!

キラしゃっべった!!!
しゃべったよおおおう!!!

素敵!!!


来週アスランとキラ再会ですか!
やっと!
やっとですね!!!


なんていうか、二人向かい合ってにこって!にこって!!

萌え!!!


あまりの萌えに、友達に、

『ラストのところの場面で視線の先にシンがいてさあ、

「アスランさん、誰です?その人」
「ああ…紹介するよ。
キラ・ヤマト…元ストライク、フリーダムのパイロットで、俺の恋人親友だ」
「…(嫉妬)」
「こんにちは…(毒)」

だったら萌えるのに!!!』

と送ったら、

『いつものことだけど姐さんの妄想はすごいねー』

と言われてしまった…(笑)


とにかく来週は楽しみです!!
アスキラ再会!!!

萌え死ねる!!!(笑)


明日(今日か)は朝からバイトです…

もうやんだは。(山形弁)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/11/27

自分の力の限界。

体力知力精神力が足りません。
なんか…もう…疲れた…
そりゃあ連日4時に寝て7時に起きてれば疲れるでしょうよ。(だから寝不足だって!!!)

英語の中間テストが近い…(苦手)
まず単語力が足りないんですよね。(致命的)
リスニングは聞き取れるのに、単語が解らないから最終的に解らない(死)

レポートもあるんだった…

「利き手利き足に関係なく左右に偏っていることの、人の行動における統計を取り、さらに人間の行動学的な考察を述べよ。」

…めんどくせー…
キスするとき、人はどっちに頭を傾けるか。
という統計を取った学者先生がいたそうで。
それにあやかった題材ですが…

指組む時どっちの親指が上になるかとか、腕組みする時どっちの腕が上に来るかとか、そんなことしか思いつかないんですけど。

…もういいか、それで。

指先の彼方
web拍手と詩のお題アップしました。
メールフォームも作ろうかと思ってます。
スクリプトはめんどくさいなぁ…面白いけど。

3S症候群は555のゾロ番が近いです。
ってここで言っても仕方ないんですが(笑)
更新しようとするとカウンターが動いちゃうんで下手に更新できません。
もしかしたらもうなってるかも…
怖くて見れない。
(自分で踏むのは嫌…)


xxxHOLIC5巻の帯が…!!!

きょ、京極先生!!!!!
なんてこった!!!(笑)

アニメ化もするそうで…
楽しみです。

内容ですが、紫陽花の下に死体が…ってエピソード…
あやつり左近
にありましたよね?(あう、マイノリティ?)

座敷童・・・かわいいvv


話は変わって。
精神的に敏感な人は同時に脆弱です。

私の友達が、また一人学校辞めてしまいました。(同じ学校の人じゃないですが)
高校時代からの友達でしたが、どうにも団体に馴染めない感じらしいです。

高1のときは、同じクラスで友達になった3人が全員やめましたね(爆)
一人は五月に。
一人は夏休み入る前に。
一人はどうしても続けて来ることができなくて留年、中退。

その年うちのクラスで辞めていった人間は4人。
そのうち3人が私の友達って…

理由はそれぞれあるんですが、やっぱり多いのは精神的に辛くて、と言うものでしょうか。

こういうのって、私は何の役にも立たないんですよね。
苦痛を取り除いてあげることは出来ないし、安易にしてはいけないとも思うし。

そういえば前者二人とは連絡とってないなぁ…
まあ会えないしいいか。

ただ、私は学校行きたくなきゃ行かなきゃいいと思うし、無理して行く必要もないと思います。

「学校行けない自分は情けない」

とか、よく自嘲気味に話されたりするんですけど、別に悪いことじゃないと思うんですよね。

「死にたい、って思っちゃうんだよね…こんなんじゃいけないのに」

とも話されるんですけど、何で「死にたい」って思っちゃいけないんですか?
私は、「死にたい」って思うことで自分を何とか支えてますけど。
言葉にして言っちゃえば楽になれます。
マイナス要因は考えちゃいけないんですか?

本当に死にたいと思ってる人間は「死にたい」とは言いませんよ。

「死にたい」と言うことで自分を甘やかしているんです。
って言うと語弊があるかな…
「死にたい」って思ってる自分を肯定して、ゆとりを持とうとしている、んですかね。

完璧にプラス思考だけで生きていける人なんて一握りだと思います。
マイナス思考は、自分で否定してしまうとどこまでも鬱屈としてしまう気がします。
マイナス思考も肯定してしまえば、すごく楽です。


ただ、肯定しすぎて、「私ってこの程度だから~」で諦めてしまうのは私の一番嫌いなタイプですがね。
さじ加減が難しいな…

何もしないよりはしたほうがいい。
出来ないならしようとしているほうがいい。
でも、辛いならリカバリーする余裕が必要。
そのためにも、自分のマイナス思考も受け入れたほうが楽になれるよ、と言う話。

あと、「私は辛いの!あんたにわかるわけないでしょ!!」
みたいな悲劇のヒロインタイプはもっと嫌いです。
あ、これ前にも言ったかもしれない(笑)

どうでもいいですか、すいませんι


私は、なんですかね、やめたいと思ってもなかなかやめられないんですよね。

「私の限界ってここなのかな?これって限界の辛さなのかな?でもなんかまだ余力がある気がする。じゃあ我慢できなくなるまでやるか…ぶっ倒れたら、上とか周りとかの責任にしてやろう…(毒笑)」

とかやってると、結構どうにかなってる。
あれ、人格歪んでますか?(笑)

限界を知るとセーブがきくって言いますけど、私の限界ってわからないです、自分で。
もしかしたら、そんなに辛い目にあってないのかもしれない、とも思いますがね。
自分の事って、一番わからないです。


また長々と書いてしまいました。
読みづらくてすいません…これが私の限界でした(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/11/26

・・・・・ッハウル!!!

感想遅くなりましたが…観て来ましたよハウルの動く城!
私…
私、キムタクを甘く見ておりました。

うまいじゃん!!

いや、なんかハウルの声にぴったりでしたよ!
低めのセクシーボイス!(笑)
ほんと、いい男でした…vvv

難を言うならまだちょっと声の色が足りなかったかな…
倍賞さんも良かったけど、若い時はもっと高い声を出してほしかったところも…
美輪様(先輩に様付けを義務付けられている)素敵でした!!さすがの演技力です。
願わくばもっと出番がほしかった…

以下ネタバレ↓

とにかくハウルは登場シーンがお決まりで、でもかっこよかった!
「いやあ待たせたね」
みたいな!!(笑)

一つ疑問なのですが、「こねずみちゃん」って女の子を誘う言葉としてどうなんですかね?
「ほんとにこねずみちゃんじゃないか、お茶でもいかが?」
って…

話としては、流れは良かったけど詰め込みすぎ感がしばし…
特に、ハウルが
「美しくなければ意味がないのに…」
と言う台詞の伏線が全く拾われていなかったところとか(おそらく伏線だと思うのですが…)

その後、
「私は美しかったことなんて一度もないわ!」
と飛び出していったソフィーの立ち直りが異様に早かったりとか…(カブのおかげなのか?)

荒地の魔女がどう恐ろしいのかもいまいちわからんかった…

それにしてもハウルは萌えでした!(笑)

「行かないで、ここにいて」

…だったかな

萌えですよ!そんな事言われたらどこにも行けないじゃないですか!
女の子の母性本能をくすぐる台詞ですね…(笑)

大人っぽかったり、子供っぽかったり。
強かったかと思えば弱くて、はったりで笑ってるのにそう見えなかったり。
もう、
カッコイイ…
としか言えんですよ!(笑)

おかっぱ万歳!!!(そこかよ)

おかっぱはぱっつんじゃない方が好みです。前髪。

もうね、初めてですよ。宮崎アニメで続編がみたいな、って思ったのは(笑)
ハウル、小説は何巻か続いてますよね?
もう、勢いで読みたいんですけど!

…2巻にはあんまりハウル出てなかったけど…(立ち読みした)

マルクルとヒンが可愛かった…★

あと、気になったんですけど、宮崎アニメでのあの涙のデフォルメ、千と千尋だけじゃなかったんですね。
涙の粒を異様に大きく見せるあの演出だけは、私的にちょっといただけませんでした。
シリアスなのに…
笑いそうになったし(最低)


やっぱり一番はハウルでした!
もう一度見に行きたいな…


今後の映画で気になったもの。(予告で)

ゴジラ、ファイナルウォーズ。
あれ、ゴジラって完結してなかったっけ?(笑)
しかも、地球総攻撃!?
モスラはどっちの見方なんだ!!敵!?
しかも…
今回は肉弾戦もありなのか!?
人間同士の戦いも映画の一部なのか!?

あー気になる。

カンフーハッスル

ありえねー!!!

ってじぶんで言っちゃってるよ!!!(笑)
少林サッカーの監督ですね。
少林サッカーもありえなかったけど、これは…(笑)


隠し剣鬼の爪
また舞台が山形なので。
同監督の「たそがれ清兵衛」はテレビで見たんでした。
なかなか面白かったので、今回も期待できるのではないかと…
ていうか、純粋に見たい。

笑いの大学
いまだに見れてない。
見たい。
とにかく見たい。
三谷幸喜大好き…

ああ、暇があればな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/24

観に行きたい。

何ってハウルの動く城。
明日見に行きます。
水曜日は講義午前しかとってないので。

前評判はなかなかなので、ちょっぴり期待しちゃうぞ!
千と千尋の神隠しのとき、ハクでも十分萌えたので(笑)多分大丈夫だと思いますが…
キムタクがどうかなと。
観ないとわかりませんがね。


そして、イリマイ9と9.5アップです。
おまけの方が本編より長いってなんでしょうか(笑)
しかし、これ台本の時点では本編だった内容です。
なんか中だるみしそうだったんでおまけにしてみました。
同人要素いっぱいで!!(笑)

同人と言えば…

本屋でバイトするようになって気付いたのですが。

結構BL小説を買っていく方が多いのですね。(ことごとく店員とは目をあわせようとはしないがw)

しかも!

1割は小学生くらいの男の子(家族に頼まれたものと思われるw)

2割は中・高校生、

7割は奥様方!!

いや、多いのは知ってたんですがね。

なんていうか…

中・高生より多いってことにびっくり。

仲間は同年代に多いと思ってたんですが。

お姉さま方のほうが多かったわけですね!!

いや、素敵だ。


もしかして、

冬ソナとかで

チュンサン×サンヒョク

とかやってる方いらっしゃらないんでしょうか。

それなら私、とても楽しんで冬ソナ見れたんですけど!(死)




…ファンの人、いたらごめんなさい。m(__)m


冬ソナといえば、今度ノーカット版が放映されるとか。
うちの母親も見る気満々です。
またビデオ録る気です。

前は私が占領していたのに、ビデオデッキ。(アニメのために!)
いまやうちでは韓流ドラマ専用デッキになってしまった。
(別に3倍じゃないです。赤くもないです)
(て言うか誰も聞いてませんねスイマセン)

…とにかく、ハウル観たら感想書きたいですね。(話無理矢理戻したぞ)

ファフ12月1日きっとうちに来ます。(アマゾンで頼んだから)
その日はスパイラルの鳴海兄弟の誕生日だわ。
何かキャラメを友達に送らなくては(笑)

奏廻の原稿もいい加減進めなくては…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/23

イリーガル・マインド ・9.5・

※おまけですんで色々おかしいのは勘弁してください(笑)

様子のおかしいグレイスとユイトに、クロムは戸惑っていた。
自分のせいか…
はたまた、アイリスが言ってた…その…

ピーピーピーってことになってしまったからなのか…(笑)


悶々と思い悩むクロムの席もとへ、ウェイトレスがやって来た。


「お待たせいたしました。こちら『マンハッタン』です。ご注文は以上でよろしいですか?」
「ああ、それ俺ね。どうも~」
「ごゆっくりどうぞ」

ウェイトレスが運んできたカクテルを、一気に飲み干すと、グレイスはチェリーを取り出した。
日が透けて、何かの宝石のように輝いて見えるそれは、レッドチェリーの名に相応しく、真っ赤だった。

「な、綺麗だろ、これ。これがないとなんか物足りねぇんだよな…クロムの瞳みたいだろ?」
「…そうか?」
「ああ、確かに綺麗だね…僕はクロムの瞳の色、好きだよ」
「そ、そうか…?」
「口説き文句みたいだな、ユイト…」
「別にそういうつもりじゃ…」

「よく使うの?グレイス…
(なによなによ!みんなクロム狙いなわけ!?)」←?(笑)

なぜか敵愾心いっぱいに聞いてくるアイリス。
グレイスは笑い含みに応える。

「そうだねー、たとえば…よっと」

グレイスは体勢を変えると、クロムの手をとる。

「クロム…君の穢れなき瞳の輝きは、この愚かな男の心を焼き払ってしまうように眩しい…どうか、その瞳で俺を清めてくれないか…

…なんてね」


しばしの沈黙


「…気持ち悪いよ、グレイス…」

「あんだと!人が真面目にやってんのに!」
「あははは!グレイス、今の面白かった!!他のないの他の!!」
「アイリスちゃん…ι」

なんだよもう、と言いながら悪態をつくグレイス。

「ところで、グレイスっていくつなの?お酒飲んでいいわけ?」

アイリスは無邪気そうにグレイスに問う。
ここで法の話をしてもどうしようもない気がするが…

「残念でした~!俺は3ヶ月前に二十歳になりました!」
「ホント!?私と4つも違うの!?」
「…どういう意味かな?」

あはは、と、アイリスは笑ってごまかす。

「ユイトは?」
「僕も二十歳だよ。グレイスより誕生日は早い」
「…クロムは?」

微かに上目遣いでアイリスが聞いてくる。
いちいち動揺する自分に叱咤しながら、クロムは応えた。

「俺はまだ18!お酒は飲めません」

っていっても飲むけどな…
とは口に出さない。

「…そっか~」

ため息とも感嘆ともつかない息を吐いて言うアイリスに、クロムは少し笑う。

「何、ほっとしてる?」

馬鹿にした調子に気付いたのか、アイリスは少しむっとした様子で否定した。

「・・・別に~」

…その態度でもう肯定してるって。
などと思いながら、クロムは胸が少しあたたかくなるのを感じた。


見詰め合う二人の入り込めないような空気に、グレイスとユイトは悔しい思いをしたとかしないとか…(笑)

終わっとけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イリーガル・マインド ・9・

「おっそーい!料理来てるよ~!!」

戻ってきたグレイスたちに、声をかけようか迷っているクロムを知ってか知らずか、アイリスが声を上げる。

「ああ、ごめんねー」
「……」

クロムの懸念は外れていなかったらしく、二人の間に流れる空気はどこかおかしい。
自分の言ったことに対して、なにか二人の間に揉め事でもあったのだろうか。

思い悩むクロムを尻目に、グレイスとユイトは食事に手をつけ始める。

気まずい沈黙の中、カチャカチャと食器のぶつかる音だけが響く。

(さっきの騒がしさが嘘みたいだ…)

ふとそんなことを思ったときだった。

「アイリスちゃん」

沈黙を破るかのように、ユイトがアイリスに話しかけた。

「ん?なに?」

周りの不穏な空気に気付かず、ただ単に食事に専念していただけのアイリスが顔を上げる。
どこまで天然なんだこの娘は…
クロムは知らずため息をついた。

「君、機械には強い方かい?…パソコン、とか、ネット使ったりする?」

ユイトの言葉に、今度はクロムの方が態度が硬化する番だった。

(こいつ…!)

しかし、言葉を口にしようとしたところを、グレイスが無言で制する。

少し緊迫した雰囲気の中、あくまで暢気にアイリスは応えた。

「私パソコン好きくないのよね~」

「あ~、機械オンチ?」

すかさず茶々を入れてくるあたり、グレイスはさすがだ。

「むっ!馬鹿にしたわね!…でも、少しぐらい弄ったりはするよ?」
「最近変わったことはない?」
「変わったこと?…別に?」

「何でそんなこと聞くんだよ、ユイト」

やっとグレイスの視線での制止が解けたので、クロムは会話をとめにかかる。
この会話は、さっきユイトが自分にした話と同じ類の意味を持つものに違いないのだ。
そんな危ないことにアイリスを巻き込むわけには行かない。

「あ、いや…なんでもないよクロム、気にしないで」

言外に、自分への牽制をこめられているのを感じながら、クロムはユイトの言葉を受けた。

静かな攻防が起きようとしていた。
ただ、誰が信じられなくて、誰を信じていいのか、わからないままに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/21

ギャンダム種運命!!!

あー、明日朝早いので(ていうかこんな時間まで起きていて何を言うって感じですが。現在2:42)手短に。

ガンダムです。種運命です。
今回感想は一言に尽きます。


キラ!!!

ああもう素敵!!
綺麗になったね!!
可愛いキラ!!
18だよ18!!
カリダさん一緒に住んでたんだね…
…あれ、パパさんは?(笑)

なんだか来週も出るみたいな感じで!
あー、はやくキラ活躍してくれ!!


シンがいまだに主役に見えない(笑)

ルナマリア可愛いよ!
ステラも可愛いよ!
女の戦い怖いよ!!(笑)

そして…

「グゥレイトゥ!!」

ディアッカ!!!

「きっさまー!何故ここにいる!!」

イザーク!!!(傷なし)

アスランとの再会おめでとう!!!(笑)

アスランが「シン!」って呼んだ!!(笑)
シンがアスランのこと好きになってきたみたい…(萌え)
これでなんかシンとアスランの真面目トークとか会ったら最高!

「どうしてオーブなんかにいるんですか」
「オーブの信念が、正しいと思ったからさ。(何よりキラがいたし)」
「だけど、オーブは俺の家族を殺した!」
「そうだ、だが、オーブがあそこで地球軍に屈していたら、お前はここには来られなかっただろうな…」
「!」
「…お前なら、どうするべきだったと思う。あの時、あの状況で。…俺たちには、ああするしか方法が見つからなかったんだ…!」


みたいなーーー!!!
ここにキラも介入してきたら更に萌え!!
あー!そんなの見たいな!!


番外。
エンタの神様見ました。
長井秀和が、

キター(゜∀゜)ー!!

って言い出したときはどうしようかと思いました(笑)
2chか…
そういえば、ラジ種デスで鈴村さんが「発見」と言うところを、

「ハケン」

って噛んでたな…
にちゃんねらー?(笑)

「ハケーン!」

夜中なので頭おかしいらしいですよ(笑)
明日バイト大丈夫なんでしょうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/18

休日が終わってしまった…

色々更新しました。
彼方、改装(まで行かないかもしれないけど)しました。
色々変わってます。小説も一つ増やしました。

3S症候群もアップしてみたり。

いままですごい忘れてたけど、明日心理学の授業で使う資料が必要だった気がする。
そして、提出が今日だった気がする。(死)
ていうか当日でも良かったんだっけ?
なんにしようかなんも考えてなかったよι

どうしよう。

…まあ、なんとかなるさ!
ていうか、するしかなかろ?(涙)

今から探します…(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/17

言葉の力

久々にお休みが出来ました。
今日はうちの大学の推薦入試の日だそうで、色々と休講になって、私のとっている授業は全部お休みです。
ここのところ体力的にも精神的にも少し追い詰められていたのでとてもありがたいです。
思いっきり引きこもり生活しています(笑)よく寝た!

なので、今日これから色々更新もしようかと思っています。
このところパソコン開く余裕もなかったので。

そして…
えーと、階段から落ちました(笑)
靴下が滑ってずべっと。
宙に浮かびましたよ。
一瞬走馬灯見えたんですが私生きてますよね?(おいおい)
尾てい骨、もし骨折してたら3回目なんですけど…(よく転ぶな…)

今回の議題(?)
言葉の力です。
私は言葉を書くのが好きです。
日本語がたまらなく好きです。(しかし英語は苦手ι)
でも、嫌いな言葉もあります。
それは、思想がもたらす言葉ですが…

「どうして私だけ…」

と言う言葉です。
うちの父なんかは、「どうせ私なんて…」と言う言葉が嫌いらしいですが、私は特にそうは思いません。
卑屈にならない人間なんていないし、いたらそれはただ自信家か気付いていないだけかそう思わないように努力している人かのどれかだと思います。
それよりも、私は「どうして自分だけこんな目に会わなきゃいけないんだ」と言う言葉が大嫌いです。

「私は辛い」「私だけ人と違う」「私だけ不幸だ」

全て同義です。

昔、私は友達に言われたことがあります。

「私はこんなに辛いのに、どうして誰も助けてくれないんだろう…なんで私だけこんな目にあうんだろう…」

当時、中学一年。
そのとき、彼女はクラスの人たちから省かれていました。
ちょっと性格に難ありと判断されたのでしょう。(多少そういう部分もありました)
それでも、彼女の近くに私はいたし、友人も何人か彼女の近くにいました。

一方私は、その頃ヤサグレまっしぐらで(笑)
一匹狼的なポジションが非常に楽な時期でした。

いじめには、私も遭ったことがあります。
小学校3年の時です。
…まあ色々ありましたが、その頃のクラスメイトに聞いたところで「え?そんなのあった?」ときっと言い出すでしょう。
たとえ、ゴミ箱かぶせられたり、画鋲を投げられたり、(男子)ビニールを飲まされそうになったり(女子)していても、彼らの記憶には大して残っていないでしょう。(今思い出しても四面楚歌…)
いじめっていうのはそういうものです。

それ以来、なんだか女子のグループとか友達とかに依存するのに嫌気が差していたんですね。
だから、どのグループにも属さずにふらふら友達を作っていたのです。
今でもそうですが。
そんな自分が好きです(笑)

とにかく、「自分が辛い」と臆面もなく言ってしまえる彼女は、昔四面楚歌だった私よりは断然いい状況にいたわけです。

でも、私はいじめられていた当時、どういうわけか「どうして私だけ」とは思いませんでした。
「どうして助けてくれないの?」とも思いませんでした。
というか、それは誰かに助けてもらうことで解決するものだとは思っていなかったのです。
誰かに助けてもらうってどういうことなのかわからなかったのです。

そして、どうやればこの状況が解決されるのか解らない以上、誰かに助けてもらうのは不可能だと思っていました。
だから私は、どうすれば彼女が救われるのか解りませんでした。
助けを求められた時点になっても、助けることの内容が理解できなかったのです。
そして、その言い方はずるい、と思いました。
少し頭にきてしまったのです。

なのでその時私は、

「じゃあ、あなたは誰か助けたの?」

と返すに留めました。

彼女はぐっと詰まって、しかしその後、
「ああ、そっか、そうだよね…そういうことだよね」
と納得したようでした。

彼女がどういう結論を自分の中で見つけたのかは解りませんが、納得できたなら良かった。
自分で見切りをつけられると言うことは、どんな助言より自分を強くする要素だと思います。
どんな慰めも、受け入れられなければただの宙に浮いた言葉でしかないですから。

人が苦痛を感じるのって、みんな同じ感覚だとは思えないんですよね。
私にとっては全く苦痛に感じることでなくても、ある人にとっては生死にかかわる苦痛だったりするわけです。
またその逆もあるわけで。
だから、みんな「自分だけ」の苦痛に耐えているんだと思います。

練習を頑張っていたのに事故で試合に出られなくなってしまったり。
培ってきたものを、自分とは関係ない理由で全て失ってしまったり。
苦痛は色々です。

しかし、それは自分の心で見切りをつけない限り、己が救われないのです。
救われない気持ちになるのは、誰かのせいでなく、自分の心しだいなのです。

それを、「自分だけが不幸だ」と思うのは、
「他の人は大丈夫なのはずるい。助けてくれるべきだ」と言っているのと同義だと思うのです。

ああ、こんな時は宗教とは便利なものですね。
こんな面倒なことを考える必要もなく、ただ「これも神のお導きです」と言えばいいわけですから。
そして、「信じる者は救われる」のですよね?
心の補強には十分な言葉です。
こういう点は宗教の素晴らしい点だと思います。
確かにこれは理にかなった宗教というツールの使い方だと思います。

こういうのだけならいいんですけどね・・・

これも言葉の力ですかね。
宗教は言葉と信心で出来ていますから。

長々と書いてしまいましたが、なんとなくこの言葉を最近聞くので書きたくなってしまいました。
なんか文章変な気がしますが、自分でも混乱してるような気がするのでこんがらがってたらすいませんι

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/13

インフルエンザ。

予防接種受けてきました。
なんだか心なしか体がだるいです。

多分バイトのせいもあるんだろうな…

私の言っているバイト先が新装開店しました。
すごい人です。
レジ捌ききれなくてミス連発です。
すみませんんんん!!!

土日バイトです。
日曜は午前開いてますが、土曜は朝からです。
なんだかんだ言って色々忙しかったのでいい加減休みたいです。
サークルやめようかな…

…なんて事書いたら例の先輩にオフラインで大声で言われるんだろうな…
「中山さんサークルやめるの?」
って。きっと言うだろうな。だから嫌なのに。

憶測で腹立ててしまいました。

ブラウザ、IEが危険だと言うので、ファイヤーフォックスを使おうとダウンロードしたんですけど…
セキュリティで警告が出た途端、「遮断」を選択してしまって、ブラウザがブラウザとしての機能を果たしません。
インターネットにつながらねえ…
どうやって直すんだっけな…
下手にサービスパック2入れてしまったために色々変わってわからなくなっちゃったのかな…

ネスケにしようかな…

相変わらずファフナー漬けになってます(笑)
Shangri-Laエンドレス。
ファフを友達に勧めまくりです(笑)
明日は種運命だ!
アレックスはまだアレックスを名乗り続けるのでしょうか!
ていうか、ルナマリアとアスラン絡んで~!!
真綾さーん!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/08

ダメ人間。

とうとう…
とうとうやってはいけないと思っていたことをやってしまった…

「蒼穹のファフナー」DVD(1,2巻)買ってしまった…

買ったのは嬉しい!
頭の中はファフのことばかり!
かつて種にはまった直後のようだ!!
幸せ!!

だがしかーし!

忘れちゃいけないこの金欠状態!
あーあー金欠だからってTPOCさんのライブも行かないことにしたのに…(どっちにしろ部会でいけなかったが)
貯金残り少ないだろうな…


まあなにはともあれファフですよ!!
あーもー面白い!!
我らが皆城総士は今回も問題発言大爆発!!
ネタバレサイトさんで前から知っていたものの、あれはやられました…

「そんなに一騎くんの心に入り込みたいの?」
「それは…いけないことかい?」

そこで黙り込む真矢さん。
どうしてもその言葉を引き出したかったのね!(違います)
真矢さんはポスト・ラクスですね!(公式腐女子)


でも…翔子は哀しかった…
そんなにも一騎のことが好きだったんだね…
それでも、守るためでも、生きていてほしかった…

総士が脱出させてくれると思ったのに…(コノヤクタタズメ)


リアルタイムで見たいよ~!
DVD高いんじゃぼけ~!

ネタバレサイトさんでの話によると、またまた総士の問題発言が(笑)
15話だったかな…。

「何もない部屋だな」

と言う一騎に返す言葉が

「何を言う!ベッドがある!写真も貼ってある!コンパクトなバスルームもある!」

とそこはかとなくEROを彷彿とさせるような単語を並べる総士さん。

…いや、会話になってないから(笑)

さらに笑いに追い討ちをかける一言。

「部屋から自動販売機まで11歩で行ける!とても便利だ!」

11歩…


…数えたんか。(爆笑)


文章だけでこんなにも笑えます。
早く動画が見たい!


話は変わって「彼方」の方の更新について。

「ドリームテイカー」企画小説の参加者が少ないと言うのでこちらでも募集。
一般に募集しておりますので、どうぞご参加くださいませ。
ただし、参加希望される方の作品は審査を通すことになります。
審査員は私と、編集長、他数人と思われます。
ダメだし程度と思われますので、直しを指示される可能性がありますが、ご了承のほどお願いいたします。

それから、言葉に詩を3点アップです。
高校時代のものの使いまわしですが…

そのうち夢狩り以前に書いた関連小説もあげようと思いますが、のんびり待っていてくださると嬉しいです。

あ~ファフ~(あーもーダメダメです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/06

ばれた。

何がって、ここのブログが…

今日、うちのサークルの部会だった筈なのに、いつの間にか鍋をすることになって、お酒まで入り始めました。
私は風邪気味で参加するつもりは無かったのですが、友人にマフラーの編み方を教えていたので、その場にいました。

そして、酒に酔った勢いなのか、ある先輩がこんなことを口にしました。

「中山さんのホームページさあ、検索すると出てきたから、もう一人の先輩と見て笑ってるよ~」

・・・
・・・
・・・ふうん。

「もう来ないでください」

いやね、特に規制していたわけではないので、見てもらっても問題は無いのですが。
(でもペンネーム教えていたのは失敗だったかもしれない…)
それをオフラインで内容までしゃべってしまうのはどうかと思うわけですよ。
内容が内容ですから。(自分のせい)

しかも本人何の悪気も無いらしい。
だからなおさら性質が悪い!!

デリカシーがないっていうかなんていうか・・・

本当は実名さらしてやりたいくらい頭きてるんですけど、さすがにそれはどうかと思うのでやめておきます。

でも、そうやって人のやっていることに対して、馬鹿にしているような態度しか取れないようなら本当に来てほしくないです。
こちらとしても、来て頂いても書く内容に制約が増えるだけなので、本当はサークルの人には知られたくなかったのですが…

・・・この先輩、通りを歩いている私を捕まえて、「マニアック姉ちゃん」と大声で言ってしまうような人なんですよ。
(間違ってはいませんがね。藁)
内輪のネタとしてなら私としても全く問題ないのですが、他に人もいるのにそうやって言われてしまうのは、あらぬ誤解を招く恐れもあり、さらにやはり恥ずかしいのです。
お願いですから、TPOわきまえてください。

もっと言ってやりたいんですけど、さすがに憚られるのでオフラインですることにします。
言っておきますが私は口で負ける気はしません。
どんな詭弁であろうと私は正論に変えて見せます。(笑)


何でこんなことをここで書いたかと言うと、ここをやめて別の場所で始めようか、先に出た先輩への非難をwebで書くかで迷った末に後者を選んだからです(笑)
不快になった方がいらしたら申し訳ありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/03

アニヲタの確執。

種、鋼、種運命の変遷を遂げてきた夜6時TBS系列のアニメ枠。
種ファンと鋼ファンの間には、埋まらない溝がある…
と言い出したのが今回の友人(笑)

そうか、gooで始めたんだ…

まだファフから抜け切れない・・・
ここ三日ぐらいでなんだか同人色濃くなってないかこのブログ…(笑)

徒然日記 牛乳と水
なんか聞いたことあるんだけどこの言葉…気のせい?

リンク貼っときます。

ついでに告知。
「指先の彼方」の方で「奏でられる声は永遠に廻り」の1をあげました。
自分としては未完成のような気もしないでもない内容ですが、まだ続けているし、気に入っているテーマで書いているので、次回まで気長に待てる方だけどうぞ。

あと、遅れましたがイリマイ8も実はあげてるんですよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/02

蒼穹のファフナー

以前から観たい観たい言ってた蒼穹のファフナー。

とうとう観ました!!

DVDで1話から3話まで。
裏部員(またしても裏)になってしまっている漫研の先輩に貸していただきました…

感想。

殺す気か!!

ヤバイヤバイ!まじハマりそうなんですけど!!
確かにエヴァっぽい!神経つないでメカ動かすところとか!
そしてラーゼっぽい!敵のフォルムも、障壁みたいなのである一定の地域だけ隔絶されているところとか!

そして、かねてから言われていることですが…

総士ホモっぽい!(爆)

「僕を信じろ!」
「一緒に戦ってくれるな」
「二人なら飛べるさ」

え?夫婦?(笑)

一騎可愛いし。
何よりあのパイロットスーツ…萌え!!

なんであんなにギリギリなんですか!
み、見えそう!!!(笑)

エヴァのもかなりやばい部類だと思ってましたが、ファフには負けるな…(爆)

どうしよう、本格的にDVD欲しくなって来た…

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004/11/01

今日の発見。

今日はとうとう友人と自分との予定がついて、前から言っていたスウィングガールズを見に行きました!

面白かった!!
ウォーターボーイズよりかアニメチックに描かれてましたね。
ウォーターボーイズもそれなりにアニメチックだったけれども。

山形弁も思ったよりナチュラルでした!
私の住むところと置玉とでもやはり方言は違うので、いまいちわかりませんでしたけど…
ただ、まだ鼻濁音が硬い感じがしました。細かいですが。


そして、それを見に行くまでの待ち合わせ。
駅ビルの本屋でうろうろ。
このところ本屋めぐりをしていなかったので、雑誌を見たり小説の平棚を見たり。

本当は漫画が読みたかったのですが、いつも漫画の棚の辺りは込んでいるので、ライトノベルのあたりに行ってしまうんですよね…

そしてそこには、最近とみに進出してきたBLの本たちが…(笑)

いつものようにそこをさらっと見ながらチェック。
つい手にとってしまうのは腐女子だから・・・?

そして、私は見つけてしまったのです!

ボーイズラブ小説の書き方なるものを!!!

最初は吾が目を疑いました。

(え?なになに?BL小説の書き方とか書いてあった気がする!)目をこする。
(うそ!マジ!?)
(ハウツー本!!!???)

震える手でそれを手にとって見る(とったんかい)

「ボーイズラブ小説にHは必要なの?」
「キャラに愛を!」
「必要なのは萌え!」

みたいな言葉の羅列に少々目眩が…


これはなんだ?
神の啓示か?
これを以って俺にヤオイを、ヤオイを書けと言うのか!!(連呼すな)

俺にBL小説を書けと言うことなのか!!!???(違います)

しかし、買う勇気も無くそっとその本を元の場所に戻す…。

私、小説にマニュアルは無いと思うんですよね・・・。
今までだって、私は小説のマニュアルを読んだことはありません。
通信教育のチラシなんかで、「ジュニア小説」とかありますけど、ああいうのに慣らされちゃうと、型にはまった小説しか書けなくなるんじゃないかと思うんですよね…。

まあそんな心配しなくても文章がうまい訳でもないのですが。(笑)

とにかく市場にそんなハウツー本が出回ると言うことは、それだけBL小説が需要があると言うことですよね…

恐るべき腐女子、腐男子ぱわー(笑)

SEED120%(フレッツ)でも、

「石田さんが『前作はキラのことだけを考えてれば良かったから…』って萌え~!!」
(わかる人だけわかってください)

と、あからさまに腐女子ネタを振ってきやがったし。
どんなに腐っても、これはオフィシャルの筈…
いかに腐女子層を意識しているか、ですよね(笑)


さすが腐女子の恋人、福田夫妻ですよ!(爆笑)

そんな今日はなんだか充実していました(笑)
明日はバイトないしサークルもないし!
すごーく気が楽です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »