« ガンダムSEED DESTINY | トップページ | 今日の発見。 »

2004/10/31

イリーガル・マインド ・8・

グレイスとユイトを見送って、クロムがアイリスの手に目をやると、袋が目に入った。

「アイリス、それ買ってもらったのか?」

クロムはその袋を指差した。

「え?ああ、うん、そうだよ。あとね、これっ!」

アイリスはあわてて別の袋を取り出し、クロムの前に中身を取り出してみせる。
ころん、と音を立てて、鈍く光る何かが転がった。

「…シルバーのリング?男物じゃん」

自分のものを買ってもらいに行ったはずなのに、これはどう考えてもアイリスに似合う部類のアクセサリーではない。
不思議に思いアイリスに目を向けると、アイリスは照れたように笑う。

「これ、クロムに」
「おれに?何で?」

グレイスには男に物をただで買ってくれるような奴ではない。
どう考えてもおかしい、そうクロムが口にしようとすると、アイリスが続けた。

「あのね、グレイスの目を盗んで私が買ったの。なんか似合いそうだなって思って」
「ほんとに?」

人に何かを貰うという行為が、自分の人生の中には数少ないことだったので、クロムは戸惑いを感じた。
その沈黙を、アイリスは訝る。

「あれ~?嬉しくない?クロム、シルバーのアクセしてるから好きかなーって思ったんだけど」

確かに、クロムはシルバーのピアスを左耳に一つ、ブレスレットを右腕に一つ身につけていた。
今度はその洞察力に驚く。

「…いや、嬉しい。ありがとう」

やっとのことで笑顔を浮かべると、アイリスの顔がぱあっと華やいだ。

「うん、どういたしまして!」




トイレのドアを閉めると、どことなく薄暗い空間が広がる。
グレイスは、店内の光が全て遮られる前に、ライターの火をつけた。

「グレイス、僕は煙草が嫌いだ」

ユイトが静かに呟いた。
グレイスは一瞬瞳を上げると、薄く笑う。

「知ってるよ。一本ぐらい吸わせろ」

ユイトはそれにため息をつく。

「それで?クロムには話したのか?あのこと」
「話したよ。あまり乗り気ではなかったけどね」
「ふうん…アイリスちゃんのことは?」
「もちろん言ってないよ。言えば僕の身に危害が及びそうだったからね」
「…そうだな、クロムの奴、アイリスちゃんに結構入れ込んでるみたいだからな…
俺たちが、アイリスちゃんを狙ってる、なんて言って黙ってる訳ゃ無い、よな」

グレイスは、深く煙を吸い込んだ。
そして、再び口を開く。

「…アイリスちゃんは知ってると思うか?ウイルスのこと」
「…知っている筈だ。…だから、生かしては置けない」

グレイスが、無言で紫煙を吐き出す。
ユイトは、それを鋭い視線で射抜いた。

「グレイス」
「あん?」
「気が進まないんじゃないだろうね?」

グレイスは答えない。
沈黙がしばし横たわる。

ギイ、と音を立てて、グレイスがドアを開いた。
振り返ってユイトを見る。

「そろそろ、料理が来たんじゃないか?行こうぜ」

来た時と同じように、バタン、と音を立てて、ドアが閉まった。
ユイトは、その閉じられていくドアを見詰めていた。

|

« ガンダムSEED DESTINY | トップページ | 今日の発見。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38608/1815829

この記事へのトラックバック一覧です: イリーガル・マインド ・8・:

« ガンダムSEED DESTINY | トップページ | 今日の発見。 »